warabi's tagebuch

今日はアートの話。


b6fbb3ed.gif
 YCAM中庭の一角に写真パネルが飛び出しているレイアウトとなっていて、ちょっと不思議な雰囲気がある。



 これは、その中庭に張り出した部分。
 いつものように、中庭にも出ることが出来るが、写真は8角柱になっている内側には入らないと、見ることができない。

期間は1ヶ月。
今までメディア・アートに抵抗があったお客たちも、写真展だと気軽に覗いていく姿が見受けられる。
そして、感想をスタッフにいっていくのも、とても印象的。

次回は写真展の中身についてのお話。

27f5f51a.gif
 見てください。かに、かに、かに???っ。

知り合いの人から一杯1100円で分けてもらった茹で紅ずわいがに!
とっても大きくて、しかも冷凍じゃない。こんなごちそうがいただけるなんて、山口は良いところだな、全く。
早速帰って、ハートひとりかにパーティーハート
(←とちこさんにお裾分けしたので、足一本足りないのだ)
かにっておいしいですよねぇ。この前かに鍋に招かれたときも思いましたが、おいしいものと食べるときって、静かになっちゃいますよね。
あこがれのかに鋏はなかったのですが、手でちぎってOK。身もプリップリ、かにみそたっぷりでした。
明日はかにだしのおみそ汁をいただくつもりです。

4e9c33ba.gif
 warabiの「ぶたくん」コーナー。
warabiはぶたくんがすき。

 日本ではあんまりピンとこない
動物かもしれない。 最近、ハリウッドスターがペットとして飼いだした
ミニぶたが話題になったくらいかな。

 英語ではpig、あんまりいい意味では使われないけれど、ドイツでは
幸福のシンボルとして有名。

四葉のクローバー、蹄鉄、ぶたは幸せのモチーフとしてしばしば
組み合わせて、デザインされる。所変わればなんとか、、、。
今ではみんながぶたを見つけたら、warabiに送ってくれるので、
こんなコーナーが出来てしまった。
 きっと、この子たちが幸せを運んでくれる。そう思って、増えた仲間を
レイアウトするのでした。


このページのトップヘ