10680f3e.gif
 大型台風14号が接近中、運良く休みだったwarabiは、DVD鑑賞をすることにする。

気持ちを明るくしてくれるもの・・・と探して、「Petterson und Findus」を選ぶ。
warabiはこのお話が大好き。釣り好きな老人Pettersonと言葉を喋る生意気な子猫Findusの物語。Findusのとんちの利いた話し方や、猫らしい動きがたまらない。

その中のある話、”Armer Petterson”。
外は雨、気分の乗らないPettersonは、起きてもなんにもする気が起きない。Findusは一緒に遊んでほしいので、いろいろと仕掛けるのだが、彼にはうるさがられる。
どうしたらPettersonを乗り気にさせられるか、Findusは考える。

・家をペンキで楽しく塗り替えたら?===雨だから乾きが悪い。
・何かを発明するのは?例えば「蝋燭消し」!===それもうまくいかなさそう。
・チョコレートプディングを作るのは?これなら完璧!===でも、雨の中買い物に行かなくちゃ。。。

と考えあぐねた結果、「釣りに行くのはどうだろう?」と結論を出す。それならきっと、このかわいそうな老人も明るくなるはず。普通に誘っても、もちろんのってこない。
そこで、Findusは、「自分ひとりで行く」と芝居を打つ。その準備をしている間に、足を怪我してしまうという段取り。
悲鳴を聞いたPettersonは、重い腰を上げて納屋にやってくる。そして、倒れているFindusを抱き起こし、ひとりでできると言い張る頼りないFindusを、仕方なく釣りに連れて行くことにする。
いざ釣りを始めると大物がかかり、ふたりともいい気分になって帰路に着く。
その帰り道に、Findusは全部芝居だったと告白するのだ。

日本でも見られるといいのだが。。。