Bochumでは毎週のように商店街の歩道に出店が建ち、音楽と食べ物(もちろんお酒も!)を楽しむ催しがある。

ついこの前まではいろいろなビールを味わうお祭りをやっていたのに、今度はワインと音楽、食事のパレード。それに釣られ、人出もすごい。

96ece7c0.jpg

写真がこれまたすごく強そう!


普通ならじゃ、ちょっと試飲してみる?となるのだろう。
しかし、Mくんは飲まないし、warabiも自転車を運転している途中にアルコールを飲むと、帰る自信がなくなるので、なにか食べようかということに。

写真のすごいグリルは、よく見られるブタ君の丸焼きではなく、Ochse 雄牛のもの。
こんなのは見たことがありません!
Broetchen 小さなパンに酢キャベツと一緒に挟んで6ユーロ。ちょっとお高め(焼きソーセージとパンは1.50ユーロくらいが相場)。
Mくんはキャベツ抜きでとお願いしたら、お肉を豪快に入れてくれた。warabiはRind牛肉は臭くてだめなのだが、この雄牛(去勢している?)は牛っぽい匂いはするものの、味はおいしい?ブタ

興奮しすぎて写真を撮り忘れたwarabi... 残念...怒り



35bd84bb.jpg

衣装も中世風


ほかには中世の石釜パン屋さんやチーズ屋さんなども出ていて、なんだか目にも楽しい。

お祭りは楽しくていいね?♪
などと浮かれていろいろな店を見て歩いたら、バーゲンセールに引っかかり、また靴を見つけてしまった。
絶対こういうお祭りは購買意欲を高める カバン 効果があるはず。商店街も便乗して盛り上がる!?

a029c45e.jpg


99,95ユーロが60ユーロになっていた子供靴のコーナー。
サイズが38、39くらいだとこういうラッキーなことにもありつけるのだ。

子供靴といっても全皮で、皮使いがまたすごく素敵なデザイン。色も渋いオリーブで珍しい。
FREAKSというオランダのメーカーらしい。オランダ人は足幅が細いので、通常のサイズよりも大きめを勧められて試した結果、39を購入。

新しい子供靴ダンスを履いて、まさに浮き足立つwarabiなのであった。。。