TTもあっという間に終わってしまい、今年の春はなんだか寒かったな~という印象のwarabi(TTの前後が春だと勝手に思っている)

そして、
今日も寒いまま・・・

昨日は雨が降るかもしれないぐずぐずした寒い中、劇場の前にある4本の木から提灯外しを楽しんだ。

女性の同僚と二人で(ほかのみんな寒いし天気悪いから(?) 中でお仕事)、1日中2Tの高所作業車に乗って、木の中の提灯とケーブルを撤去していくという作業。

葉っぱの生い茂った引っかかりの多いところでの回収作業は面倒だし、
カスターニアの花や花粉が身体のあちこちにくっついたり、
鳥の攻撃(巣があるから、ね)を受けたり、
いろいろ文句もいいたくなることも多かったが、
二人で冗談を言い合ったりして、案外楽しい1日であった。

高所作業車の操作は満点に近かったといえる!(←もちろん自画自賛)

目測で作業範囲をばっちり計算できしたし、生い茂った枝を交わしながら木の中に入る手順は正解で、大満足! 達成感大あり。


通り過ぎる人は女性二人が巨大な機械を動かしているのをみて、立ち止まって観察していく。
一時は子供たちの英雄的な存在になり(えっへん!)、お母さんはその場を離れるのに苦労していた。

18時までという作業車のリミットがありながら、余裕でゴール。


Die frische Luft macht man muede.


新鮮な空気は人を疲れさせる(直訳)
日本人だったら、「お日様に当たりすぎると疲れる」というところか。

そういう風(新鮮な空気が)に考えても見なかったけど、一日外にいると疲れることを何にもしていないのに「疲れた!」と感じることって確かにある。

なるほどね。

怪我もなく、時間ないに無事に作業を終えられてホッ。


大変お疲れさまでした。
作業はまだまだ続きます・・・