voegelineuropa




買っちゃった!
長い間、いろいろと物色していたのだが、やっとこれに決めた!!

鳥に関する図鑑は本当にたくさんあるのだが、どれもwarabiの欲しい情報のどれかが欠けていて、今までなかなか踏み切れなかった。

なにがwarabiを踏みとどまらせていたのか・・・


+


まず。
図鑑が網羅する種類が豊富なことはもちろん大切。

そして。
多くの図鑑は、一つの種類に一つの写真、またはたまに二つ。
これってオスメスの色合いが違う鳥の場合、半分の情報しか載っていないということになる。もうこの段階で、大多数がペケ
まして、成鳥になる手前の鳥は、まだ鮮やかさが欠けていたり、模様が違ったりもする。幼鳥若鳥成鳥の見極め方が載っていれば、ポイントはさらに高い

さらに。
鷹や鷲の種類は、ほとんど空高く飛んでいる所を見かけるしかない。
それなのに、正面から取った写真しか載せていないというのはまるでダメ。ちゃんと、Flugbilder 飛んでいる鳥のシルエットが載っていないことには、どうしようもない!


大きな部分では、以上の点。



+



この本は、そんなwarabiの辛い審査に合格した。
しかも、鳥の鳴き声CD付き

庭に出ていて、聞こえてくる鳥の声は案外気になるもの。小鳥たちは茂った大きな木の中にいるので、当然目にすることは出来ない。

そんなときに、鳥の鳴き方を聞き分けられたらいいよね。得意顔で、「あ、この鳴き方は・・・だ!」な〜んて、いえるのだ。




憧れの鳥図鑑。
パラパラめくっては、幸せを噛み締めているwarabiなのであった。。。