jhh
手前のホールは、去年まではインフォメーションセンタ-だったが、現在は改装中
メインホールは一番奥(写真では見えない)


Bochum ボッフムのJahrhunderhalle について 前回少し紹介したが、今回はさらにいくつかの写真をご覧に入れたいと思う。


1903年にDuesseldorf デュッセルドルフ から Bochum ボッフムに移された このインダストリーホールは、改装補修され、現在6つのホールを持つイベント会場として使用されている。

建物としては4棟あり、そのうち一番大きな建物に1ー4ホールが収まっている。



その隣に立っているGeblaesehalle (写真一番左) の改装は、今年にはいって終わったばかり。
その棟には、小さなけいこ場にも使える板張のホールと照明、舞台、音響の倉庫が入っている。

毎回違う建物にマテリアルを取りに行くのは面倒だけれど、新しい空間は古いものとの融合がとてもすてきに雑ざっていて、なんだかウキウキするのだ。




gh02



一番すてきなのは、4階 (ドイツの3階) にある音響倉庫。
木造の天井はログハウスみたいだし、丸い窓辺には作業台が組まれ、公園を眺めながら作りのもができるようになっている。

いいな-、ここ



geblaesehalle_01


トイレもちょっとステキなの。

壁はオリジナルの壁と新しいタイルがこんなふうに並んでいる。
これも、ありなのねー!

gh



ガラス張りのエレベーターからは、古い工場らしき太いパイプ管がこんな風に見えるのである。




そして。。。




traverse

i



ホールの中はこんな風にトラスがはり巡り、ものすごい仕掛けが吊られてすでにとっても重そう。

これでも仕込みは、まだまだこれから。
一般照明、ムービングライト、HMI、どんどん来ます。。。