あの
アインシュタイン が手紙魔だったという事実を、kio さんのブログで読んだこの頃。
これを受けて、あるデジャブが頭を過ぎった。



山口時代、よく九州へ遊びに行ったのだが、、、


旧門司三井倶楽部 へ見学に行った時、たまたま目にしたアインシュタインの直筆習字 (書道とはいいがたい) に、大変感動したことを思い出したのだった。


=ここでざくっと、彼の来日についておさらいを入れておこう=


当時、 第一次世界大戦敗北後の社会的・経済的混乱の中で、ドイツでは反ユダヤ主義が高まっていた。
そんなドイツから抜け出したかったころ、雑誌・改造社が企画した日本講演旅行の話がきたという。

またアインシュタインは、ラフカディオハーンの小説で読んだ、美しい日本が本当なのか、自分の目で試してみたかったとも。 日本行きの動機は、十分にあったわけである。


大正11年(1922年)10月8日、妻のエルザとともにマルセーユで日本郵船の北野丸に乗船。彼がまだ香港から上海に向かう船上にいた11月10日、1921年度のノーベル物理学賞が授与されたという ( 受賞理由は「光電効果の発見」によるもの)。

11月17日に神戸に上陸

12月23日門司港に到着。 翌日、博多で講演この晩旅館栄屋に宿泊。 その後 三井倶楽部に滞在。
12月29日、アインシュタイン夫妻は門司港から帰国。


受賞と同時の日本訪問ということで、大歓迎というよりはむしろ "アインシュタイン大フィーバー" 状態だったという。


さて。

ここで、お宝披露といこう !  (ここまで 伸ばし過ぎ!!)


einstein
アインシュタインの直筆 -2006年warabi撮影-



画像が悪くて、申し訳ない。。。

旧三井倶楽部に展示されている "アインシュタインの直筆"。
"SAKAYEYA" と、あるから、きっと旅館栄屋に宿泊した時に書かれたものだろう。

筆さばきにに四苦八苦している彼を想像すると、偉大なアインシュタインが可愛く思えてくる(笑)。



この訪問で、日本文化の至るところに感銘を受けたという アインシュタイン。

広島の原爆投下を受けて自分の質量とエネルギーの関係式(E=mc²)を発表したことを後悔したというが、もし 彼が 今回の福島原発大事故を知っとしたら、どんなコメントが返ってきた ことだろう。