ムービングライトの説明をもう少ししないと、
普通の生活をしている方には きっと想像がつきにくいだろうということで。




ムービングライトはご存じの通り、固定スポットとは違って遠隔から操作して可動
するものの総称。

では、どのように動かす仕組みになっているのか?

目的、器具のクオリティーによって能力はさまざまだが、どれも一つの動作に対して一つのチャンネルを持っている。
操作卓を使って、それぞれチャンネルの 0ー100% (256信号の場合 0ー255)を送ることで、ポジションを指定することができる。


例えば、首を横に振る (パーン)、 縦に振る (チルド)、ズーム、ゴボ (模様)、その模様を回す(ローテート) などなど。 このパーンとチルドを組み合わせて、自由自在にグルグルと頭を振ることができると言う訳。


そして、調光もそのひとつ。


dimmerung


このCDのようなミラー円盤を裏返すと 、、、

だいたい、こーんな感じ。

dimmerung
写真だとうまく取れないので 仕方なく手描きの図説



、、、 このようなきれいなグレーグラデーションになっている。

仕掛けとは

"光源のさきに取り付けてあるこの円盤が回ることで、遮光の度合いを変えて調光している" が正解っっ !


>こんな解説で 多少は想像することができたでしょうか?
  kioさん!?