新年明けて、新たな気持ちで・・・と、
普通は清々しく始まるのでしょうが・・・



クリスマス3日間の盛り上がりと、その反動の疲れとストレスで、新年早々やる気全くなしのwarabi。
大晦日の朝、最後のお客が帰って行き、それからぐったり状態であった。

今はちょっと改善したので、どうぞご心配なく。



元旦は家族映画の日ということで、貧困格差ならぬ、時間格差社会映画 "IN TIME" を鑑賞。
監督は、ニュージーランド出身のアンドリュー・ニコル

貨幣というものは無くなっている時代、時間を切り売りしていくという設定がまずすごい。
裕福層は永遠の命が与えられ、貧困層は命を削って生活を続けるのだ。
普通SFや未来映画には、つじつまが合わなくて「あれ?」と思うシーンがあるのだが、これはそう言う意味でも非常によく出来ていた。

そう言えば、もうじきベルリナーレ映画祭が始まる。
今年はどんな映画が世界中からやってくるのかしら?



さて。

今年一番のフェルト作品。



berlinerbaer00



寸胴なベルリナー・ベア(DDRベアはもっと頭でかいか?)

ベルリンという街を観光しているとあちこちでクマを見かける様に、クマはベルリン象徴動物 (紋章にもクマ
そして、こちらのベルリナー・ベアは冠付きで仕上げてみた。

表面にはカールした羊毛を使用しているのが、お分かりになるだろうか?
これ、時間がかかりました。。。はい。


ということで。

みなさんはどんなお正月を迎えられましたか?
純和風な正月、もう忘れかけております。。。
おせち料理、食べたいっ