ドイツの農家のことわざに、


Ist er warm der Januar, wenig taugt das ganze Jahr.

「もし1月が暖かかったら、1年を通してあまり役立たない」



というのがある。


例えば、農業的にいうと、秋の実りが少なくなるとか、そういう意味らしい。

今年のドイツの冬は、これまで全然冬らしくなかった。
クリスマスも暖かくて雪はなかったし、年が明けても徒歩ならば手袋無しでOKかも?という日が続いていた。

それが2月まであと数日というところで氷点下となり、Tiergarten ティアガルテンの池にも氷がはった。ホッ。
間に合ったのか、間に合わなかったか、それがはっきりするまでにはもう少し時間がかかるわね。

「冬が短いとその年蝶々の数は少なくなる」らしいので、春〜初夏になれば〜きっと。



warabi宅のバルコニーには、田舎のクルミを割って野鳥の非常食を常備。
土が凍り付いても、鳥たちが最低限のエサを得られる様に、ね。



meise
エサを探しにきた 四十雀



今年はいつもの Meisenkugel 四十雀ボール を購入せずに、古いクルミを野鳥のエサ代わりにする事にした。
古いクルミはwarabiたちも食べないし、貰い手もない。捨てるのももったいないから、まぁeco飼料といえるかな。

同時に、油脂の多いナッツ類は零下でも凍りにくいし、またカロリーもあるので、エネルギーを蓄積できない小さな小鳥たちにとっては、もってこいの非常食なのだ。



spazieren
お散歩大好き♡



お隣さんのPaul パウルも、お散歩時にはしっかり冬支度。

短毛のパウルは外に出ると、冷たいアスファルトや土に四肢を置くからか、もしくは冷たい風にさらされるからなのか、ブルブルと震えが止まらない。

そんな彼のために、お隣さんは暖かいヤッケを買ってあげたのね。

とっても似合っているよ、パウルくん!!


やらなければならないことがあるのに、気分転換するという名目 (!) でパウルのお散歩に同行したwarabi。

彼はとってもお利口さんで、公園でリードを外されても、突っ走ってどこかへ消えたりしないのだ。
注意深く、方向を間違えない様に、ある程度走ったら、お隣さんを待つ。
わんちゃんが寄ってくると少しだけ一緒に遊んで、こちらが呼ぶとちゃんと戻ってくる。

えらいぞ〜!


このテーマではなかなか話が尽きないので、
みなさま 今日はこの辺で・・・