ここのところ涼しいなーと思っていたのに、初日近くなって猛暑を思い出したかの様に カンカン照り。
熱された鉄鋼は熱を保ち、開始時刻の20時になっても、もうそれは暑いまま。

すみませーん、お天道様!
ホールの中にいるwarabiたちは温室のトマトみたいに真っ赤になって困っています・・・


ソリストたちはロココ調のドレスのためにコルセットを着用したり、ドレスワイヤーをつけたり、着心地なんか最悪に加えて、この暑さ。大変だよなー。

オケの人たちは、舞台よりも熱された天井に近いところで演奏するので、それも大変そう。


・・・なんて言ってられない!!
warabiたちも全員舞台に登場するために、衣装があるのだ。それも黒のツナギ。長袖、長ズボン、真っ黒、卒倒しそうに暑すぎる・・・



sonne
Foto:Marcus J.Feger


Das Kulturmagazin des Westens
の掲載写真で伺える様に(もちろん、これは稽古の1シーンで本番用ではありません)、太陽が昇って沈むまでを90分でまとめている。

タイムコードがスタートしてすぐ、日の出となるのだが、その ”日の出方" が変わっている。
なにしろ、始まって12秒後に warabi自身が舞台上に出て行くのだから!


このSonne 太陽のシーンは照明デザイナーの Klaus Gruenberg の一番のお気に入りで、「(warabi)は、これで大スターだよ」とか「この登場シーンが一番好きなんだ」とか、よく言っていた。


90分、踊る人は踊って、歌う人は歌って、道具を押したり引いたり、時には全速力で走ったり、物を運んだり。
舞台技術関係27人、舞台アシスタント25人、ソリスト10人、音楽家25人、アーチスト諸々、総勢107人。
上部写真にある様に、100m64フィールドを動き回る体力勝負の90分作品。


具体的にどんな作品なのか、目で確かめたい方は是非会場へ(残り3回公演あり)


speeddating



公演後には、Publikumgesprech アーチストトークならぬ、Speed Datingスピードデーティングが用意されている。


上記の雑誌に、John Cage作品をどんなものにしたいのかを語っていた演出家ハイナー。
しかし、出来上がった作品は演出家ハイナーや特定のアーチストだけが語れるような枠のものではなくなっていたと彼はいう。

そこで、関わった全ての人から話を聞くチャンスが与えられる様にと、
各フィールドに観客たちのためのテーブルとイスを置き、64の関係者たちが6分ごとに(×6回)テーブルを変えて観客の質問に答えたり、自分の立場から作品にまつわる話をするというものとなったのだ。

6分間で自分の経験を知ってもらう」=「スピード・デーティング」からきているネーミング。

warabiたちにとっても直接感想を聞けるチャンスだし、とてもフェアで、観客にとってもなかなかいいアイディアだと思う。


さてさて。

プレミエといえば、Premierenfeier 初日祝いだけれど、初日公演の前にも、いろいろと特別なことがある。

「長い間(今回は特に長くってスタッフも合わせて6週間の稽古)ありがとう」の意味を込めた、アーチストから関係者へのプレゼントが用意されているのだ。


今回は、特に面白かったので、
こちらでいろいろご紹介したいと思う。


toitoitoichoko
ちょっとおしゃれ風


こちらは、
Toi toi toi Chokoladeトイトイトイ・チョコレート

トイトイトイというのは、初日公演の日に ”おめでとう&頑張って" の意味を込めて言う、ドイツの慣習。
どうやって挨拶するのかと言うと、いつもと反対の右側から相手をハグして、耳元で「トイトイトイ」いいながら、または「トゥトゥトゥ」と唾を吐きながら挨拶をするのだ。

なぜ唾を吐くことで、幸先よくなるのかは疑問。ドイツ人は謎だ・・・



そしてこの日は、Heiner Goebbelsのインテンダントとしての初お披露目でもあるし、今年のRTのオープニングでもあった/
これは、そんな意味のこもったチョコレートという訳。




premierekuchen02
白黒はっきり!


こちらは、舞台美術&照明デザイナーKlausからの”64フィールドブラウニー”
Yes No Maybeの決断サイコロ付き。


premierekuchen01
どれだけ大きいか分かるでしょ?


同じアイディアだけれどさらに大きかった、こちらは照明&美術助手からのイチゴクリームマジパンケーキ
どっしりとしたお味。

このふたつは、どのフィールドを誰が食べるのか、という楽しみ付きで盛上がった。

warabiは、24、33、37が欲しかったのだけれど、さすがにそんなに食べきれず、24だけいただいた。
その番号は、6分間100mフォローの最前列の番号だったのよ。こんな感じで、各々思い出のフィールドがある訳なの。



premieremedalien
金メダルは多いほうがいい?


演出部からは、金メダルの授与。

みんな首にかけてもらって、満足そう〜


そして、最後は60の2段ケーキ


60kuchen


なんと、ハイナーの60歳の誕生日だったのだ!!

初日祝いと、誕生日祝い。
ダブルでめでたい!!おめでとうございます


最高の作品をありがとう!!
この作品に参加できたこと、warabiはとても誇りに思います。


あと3回、じっくりと味わいますよ〜