warabiの住むメクレンブルクの田舎では、月に1回ガラクタ市が開催される。


普段は人影も少ないこの村に、このときばかりは早朝から人が押し掛けてくる。
warabiたちも楽しみにしている近所の催しなので、起床して朝食を終えると、

「じゃあ行こうか」ってな感じで、いつも向かうのである。


夏の間は草原での開催なので(野外会場ね)、家具などの大物は少ない。
雨が降ったら、、、ということもあるからなのだろう。


先日出かけた時は、
DDR(旧東ドイツ)時代の人形たちが warabiにはキラキラと光って見えたのだった。ー えっ、天気のせい?



puppen



こちらは、お店のオーナーの子供時代のコレクション。
小さな人形たちが、ケースにぎっしりと入れられて、まるでアートの様。


この人形の表情♪
そして、色彩が今とは違ってなんともいい感じでしょ?



puppen02


こちらはキャラクターものたち。

西のものも混ざっているようだけれど、なにがなんのか、warabiにはよくわからず。



puppen03


こちらの

キャラクターも有名どころらしく(名前忘れた!)、義理母はオーナーと盛上がっていた。


そんなふたりをよそに、じっくりと品物を吟味。
warabiが購入したのは、つぎの3点。


schwein


ひさしぶりに出会った、あんまりかわいくないブタくん。
この子、”肉屋の看板ブタ” みたいだな〜って

そうはいっても、ぼく雰囲気あるでしょう?


pinguin


そして、さっぱり系のペンギン親子。

全然、こびてないところがいい!


baer
耳がかじられているのも オリジナルならでは?

そして、最後は独特の雰囲気を持つ東ドイツっぽい、プラスチック製テディベア。

ブタやペンギンと比べると、”愛”があるって感じ?


Mくんも同じものをおもちゃとして持っていたようで、
「いろんな色があるんだよ」ととても懐かしがっていたのだった。



さてさて。
みなさんは、Sandmannザントマンとか、Pittiplatsch ピティプラチュという名前に、聞き覚えはあるだろうか。

その名前は知っているという方でも、Messemaenchen (ライプチッヒメッセのキャラクター)は首を傾げるのではないだろうか?


こちらも、義理母が盛上がる話題、それも1964年ものだというからすごい!


messeman01
帽子がちょっとつぶれているけど 笑って許して!


頭が地球というだけあって、ひとりではしっかりと立てないつくりなので、手にもって記念撮影。

すると、横から

「これならうちにもあるわよ!」と義理母。

家に帰って、早速納屋から出して来たのがこちら。



messemann02
立ってくれないので なぜかカボチャを背にして


帽子もスーツの青も、日焼けしてないしとても状態がいい。
さすがコレクターだけあって、管理のしかたを心得ているわね。



今日のおまけは・・・

かわいすぎて50歳には見えない Sandmann の映像と、






ありんこに見える不思議な生き物 Pittiplatschの映像!!