この数日、非常に寒が厳しい。


日中ふと温度計を見ると、−8度。それに加え、東からの風で、体感温度はさらに−10度という状態。
こんなに寒いと、井戸から水をくむのも、羊に干し草をあげるのも、野鳥にエサをあげるのも、それぞれ単独作業としてちゃっちゃっとやらないとだめ。ひとつやったら、暖を取りに部屋に入ること。外の作業は15分が限界だというのは、昨日の教訓。

こちらは日本と違って冬期は日照時間はほとんどないので、日中も温度が上がらない。早朝−10度だったら、お昼頃も−8、9度ということはざら。

もう、これだけで "鬱” になれるよねー。




eiszapfen
つららがステキ☆


ひぇ〜、外の作業はちょっと辛いよぉ。
風の当たる場所では、手袋付きでも15分が限界。

その度、一旦小休止。部屋に入って、暖炉に手や足先を当てて直に暖める。

つま先が、じ〜〜〜ん  
暖が染み渡っていくわ〜 ♡



そんな寒さの中。

ちょっとの時間を見つけては、ハンコをポンポン、そして羊毛をチクチクしているのである。春までに、ある程度の作品を作っておかなくてはならないから、ね ・・・



aeffchen



現在進行中の作品。

ぼけているところは、ご愛嬌。どうやって、仕上げをしようか、考え中〜〜〜