FBのほうにはこの作業について書いたのだが、こちらへの書き込みは作業が済んでからと思っていたので、随分と時間が空いてしまった。


その作業とは、、、

プロジェクト名「切り株棚を作ろう!!」

もちろん、わざわざプロジェクト名をつけなくともよい訳だけど。。。


テーマはもちろん、Teddybaer Total 2013 。去年のこの時期、古いトランクを再利用して棚を作ったのをみなさん覚えているだろうか。そのブースの右側を埋めるための「何か」をずっと考えていたのだが、あるときこの切り株棚を思いついたのだった。


(去年の記事は TeddybaerTotal 準備その2
)


まずは切り株探し。

森へいったり 庭の木を見たりと、長いことかけたのに、なかなか見つからず。結局、今まで密かにコレクションをしておいた、切り株を使用することに。こんなこともあろうかと、面白い木の部位を見つけては隠しておいたのだ(隠しておかないと暖炉の薪にされかねない!!)。こんなこともあろうかと、こっそり隠しておいて 大正解だわ〜!!

regal00



これがその切り株。木の種類は、ドイツでは Holunder ホルンダーといわれる、花や実は好んでジュースやジャムにされる ニワトコを使用。3年くらい寝かせて(放っておいた)ので、乾燥が進んで結構亀裂が入っているが、それも合わせていい感じの枝ぶりである。

うまく仕上げるポイントとしては、
この時点で、なんとなく作りたい絵を想像しておくことが大事!

裏話だけれど、、、
近くで見ると、クロちゃんたちが美味しい木の皮を食べ尽くしたのだろうと容易に想像ができる歯形付き。いろんな意味で無二の素材なのさ ♪



regal01


話を進めよう。
棚の板になる部分は、唐松を選択。もちろん、素材は生のもの(乾燥済み)。まず、鉋機に両面かけて表面を滑らかにし、使いたい部分を見分ける。

生の素材は、幅が違ったり、木目が均等でなかったり(逆にそれが良かったり)するので、どの部分を使用するのかで随分と印象が変わってくるからだ。


regal03


今回は直線はひとつもない、自然な曲線が連なった棚が目標。
なので、直線や平行に頼ることはせず、糸鋸で気分よくイメージに沿ってカットしていった。
といっても、糸鋸でカーブを切るのは結構大変。初心者には向かないのでご注意!!


regal05



板を切り終えたら、そこからは少々忍耐の時間。

写真のように、表面の凸凹に合わせて、板目を調整していく。もちろん、ここで適当に合わせてもいいのだが、warabiという職人はここにこだわっていた。


regal08


それぞれの板目の調整がついたら、今度は差し込みの調整。
これは、固定させるためにも、見た目を美しくするためにも大事な作業のひとつ。

日本製のノコギリで(ここ重要!)
、印を付けた板目の当たる位置に切り目を入れ、金槌とノミで気をつけながら均等に差し込み部分を完成させていく。

前の作業で、例えば直線に合わせを入れた場合、ここでは直線に切り目を入れていけばいいなのだが、先にも書いたようにここはこだわりなので。


regal06


木目に合わせた差し込み部分の一部。
こちらは、枝を穴に差し込むので、このように板上面から下面にかけて、斜めに切り目を入れた。ここは、どの曲線も どの斜面も一律にはいかないので、時間がかかる”忍耐”、または”修行の時間”といえる。


regal09



何度も試し合わせをして出来上がったのが、こちら。

はぁ、やっとである・・・


regal07


棚のパーツが揃ったら、あとは細かい修正。
木材パテで、乾燥ヒビや虫食いの後などを埋めていく。羊毛という繊維をここの飾るので、なるべく表面を滑らかにしようという心配りである。


regal10


ヤスリをかけて仕上げたら、最後にHolzoel (直訳だと木材オイル)を塗っていく。ラックだとツルツルになるけれど、安っぽく見えるし素材も殺してしまうので、割と早く乾燥する自然な仕上がりになるこのオイルを使用。

塗り始めると、素材の色の深みが出てくるのが見てとれる。


regal11


しばらくして、オイルを吸い込んだ状態がこちら。
ヌメッとして、いい感じでしょう? 唐松独特のピンク色もきれいにでているし ♪♫


regal12



オイル一度塗り後がこちら。
乾燥後、ヤスリをかけてもう一度オイルを塗るのだが、それはもう少し先。



「木に雲がかかっている」ようなイメージ。

作業中、同僚が「Katzenstufen 猫用の階段?」と聞いたけれど、違います!猫は乗れませんのであしからず。
羊毛動物専用です!!