ベルリンに存在する隠れ家的な名所、PAN AM LOUNGE


60〜70年代ベルリンに発着する唯一の航空会社だったPAN AMは、パイロットや搭乗員のためにこの宿泊施設を提供していた。建物の最上階2階分に当たる空間は、ほぼオリジナルのまま残っていて、現在はレンタルスペースとなっている。


今年35周年を迎える 2013年Theatertreffen Stueckemarktは、いつものBFS劇場内ではなく、この特別な空間を利用して行われた。


以下、仕込み時の様子である。


Panam
Pan Am Lounge

kaminzimmer
Kaminzimmer


最上階10階からの展望はこのような絶景。
Zoo側の眺めは、動物園とTiergartenが続くのでずっと先まで緑一色。


aussicht
動物園裏口 右側に水族館


10階から9階への非常通路は、このような遊び心でいっぱい。
左は非常通路、右は9階から8階へ下りる階段のデザイン。どこもかしこも、PAN AM一色!


flurtreppe



従業員の制服ももちろん、PAN AMコスチューム。
パイロットやスチュワーデスの制服に身を包んで、バーやフロアの仕事をこなしている。


panamlounge


名物のドーナツももちろん、PAN AMカラーだ。


doller
両替係のスチュワーデスを見つけて 両替する様子


ここで飲み物や食べ物を手に入れるためには、EuroをDollerに両替しなければいけない。
観客のひとりが「ここはドイツではないの?」と聞いていたのには笑ったけれど、これは小旅行的なアミューズメント要素だよね。


さて、Stuekemarktの話題。

この広くて豪華なマンションのあちこちに設置されたCDプレーヤーには、新旧含め選び抜かれた35人の作家によるリーディングを聞くことが出来る。
観客は会場になるや、各々好きな作家や、好きなロケーションに身を沈めてじっくりとテキストを楽しむ。もちろん、コーヒーやワインを片手にというのもあり。


terasse



1時間ほどすると、観客全員が全てのリーディングを回れる様、グループごとにスタート地点を決めるアナウンスが聞こえる。
準備ができると、各部屋やコーナーで決められた俳優たちが、決められたテキストを手にライブのリーディングを同時多発できにスタートしていった。


リーディングは3人の演出家によって、毎日違う演目が催されたので、照明や音響だけではない、家具の移動など(普通は小道具って言うけれど)仕込み替えがもう山ほど・・・ おかげでみんなが筋肉痛(笑)。



下の写真は、Stephan Kimmig:演出による、Rebekka Kricheldorf:作「Der Weg des Krieges」("戦争への道")の様子。

会場が劇場ではないことや、事前に情報を入手できないなど、いろいろと大変なことは合ったけれども、Stephanとの共同作業は建設的で楽しいものだったので、全てが報われるなぁ。



stuekemarkt01
原始人風バージョン


今回のリーディングは、もうほどんどリーディングの枠を超えて小さな演劇作品となっていたくらいの完成度。そういう意味では、ショーケースといっていいだろうと思う。


俳優たちによるリーディングは普通だけれど、今回は珍しく人形によるリーディングもひとつあった。
Christoph Mehler&Philipp Preuss:演出による、Oliver Bukowski「Tuba」がそれ。



stueckemarkt02


激しく動く人形をカメラで追うと、人形が話しているように見えるから不思議。話しているのは人形遣なんだけれど、ね。



konferenszimmer



会議室からテラスを覗く。
日が沈むとこんな雰囲気に・・・

リーディングが終わっても、数時間ゆっくりとCDを聞く時間が用意されていたので、みなさん思い思いに時間を過ごされていたのが印象的。warabi的には、拘束時間は長かったけれど、なかなか味わえない空間での仕事だったので、刺激もたくさんいただいた。

みなさん、お疲れさまでした〜!