久しぶりに、羊毛フェルトの作品が出来上がりました。

ワイヤーフォックステリア。 




wirefoxterrier



羊毛以外にも、様々な繊維を織り交ぜているので、場所によっていろいろな質感を感じることができる。

「織り交ぜて」 と書いたのは、フェルトはフェルトでも、ただチクチクしたというのではなく、織物をする感覚が交差するような作業だったから。もちろん、機織り機は使用しないんだけれども。

こうして出来上がった作品は、本当に織物のような手障りだったり、表現だったりするのである。とっても不思議。

羊毛100%よりも、warabi的には興味深い織物作品。
もう少し、幅を作ってみたいと思うこの頃なのである。