今年はパリの視察から始まり、ここまでなんだかとっても慌ただしい。ベルリン国際映画祭のすぐあとに、あの巨匠 Robert Wilson & Philip Glass 作品「アインシュタインの浜辺」がやってきて、2週間もの間 カンパニーの一員としてフォロースポットを担当したのがつい先週。

そして今週はmaerzmusikで、Anna Viebrock 演出・舞台・衣装の「IQ」がゲスト。こちらは、いつものあの懐かしい舞台に 見覚えのあるあの役者陣なはずなのに、あまりにとんちんかんな現代音楽すぎて、warabiには理解不能という、とても不思議な取り合わせ。ああ、Philip Glassのメロディーが懐かし感じる...

それもやっと今日が千秋楽で、ホッとできる幸せ! ここまで春うららな天気が続いていたのが嘘のように、崩れるという予想。いいんです。それでも。はい。


ドイツの春はもう半ば。クロッカスの季節はとうに過ぎ、桜種が咲き始め、劇場のモクレンも帽子を脱いでつぼみも膨らみ始めているこのごろ。

4月末にある恒例 Teddybaer Totalのために準備しなければいけない時期なのに、それどころではないというのが現状。これで大丈夫なのか、warabi。少しは焦らないといけないのでは?

さらに追い討ちをかけるように、友達が住んでいる田舎のフェスティバルに参加することになって、さあ大変。 Teddybaer Total の準備も手につかないうちに、ほかのフェスティバルに参加するなんてまさに自殺行為!?

まぁ、なんとかなるでしょうよ。気軽にいきましょうね。気軽に。



、、、ということで、
まとまりませんが、近況報告でした。