warabi's tagebuch

カテゴリ:アート Kunst > パフォーマンス Performance

先週末、Haus der Berliner FestspieleでSommerfest(いわゆる劇場の夏祭りね)という催しがあった。

敷地内に8つの舞台を作ってそこで20を超えるイベントが夕方から一気に行われる。スタッフにはとてもきつい、時間が勝負のプランニング。
Theatertreffenみたく予算をたっぷりと取っているわけではないから、もちろんスタッフはぎりぎりしかいなく、でもそれぞれが各場所を担当して空いた時間にほかを手伝いに行くんだけど、メインの舞台で大音量のRhをしていると、となりの袖にある小さな舞台では鉄のシャッターを隔てているだけなので、稽古にならなかったり・・・

アーチストは様々ででもだいたいがエゴの固まり(すいません)。もちろん自分の作品は大事だけど、「あなたたちの公演1本ではないんだからね、あくまでもフェスティバルの1枠。1/20だから!」と大声で言いたいことしばしば。でも、それを飲み込んで笑顔で対応。そこでwarabiはおとなになったな?と自分で思う。

ゲストスタッフもカラーがあって(以前も書いたけど)、Sビューネのスタッフは勝手で最初は全く劇場側の話を聞かなくて、ドイツ語で話しているのに全く分かり合えない時間が長くあった。Vビューネのスタッフは親切で、もうあたりも柔らかく、しかも公演が終わって撤去しているときもずっと手伝ってくれて・・・逆にこっちが申し訳なくなるくらい。

全体が少しずつ押していくから、どっかが終わらないと始められなくて、でも終わった途端、次の観客を入れちゃうから、お客さんの前で転換をしないといけなくて、もうなんだかわからないくらいぐちゃぐちゃ。
しかも間に、劇場ツアーが何度も組まれていて、いろんな担当のスタッフが1つずつ受け持つから内容も違っているんだけど、たまたま舞台を通りがかったら呼び止められてバトンをおろしてみせる羽目になったり。。。
warabiの知らないおねぇさんが「・・・なので、手袋をして作業したりします。」って、ドイツ人はほとんどみんな素手で仕事しているよ!っていいたかったわ。

まぁ終わってみれば、観客もスタッフも満足のとっても楽しく雰囲気がよいフェスティバルだった。なんだか幸せな気分。

で、いろいろあったけどここで書きたいのはOtmar Wagnerの舞台。

残念ながらwarabiは仕事をしないといけなくて、しかもメイン舞台の担当ではなかったから彼の作品を見ることができなかった。でも、通りがかりにちらっとみたりしただけで面白そうだなと感じたわけ。
a163717e.gif


背景に白い木のパネル。その前に細いケーブルが上下そこら辺にいろいろと仕掛けてある。舞台上のあちこちにビデオカメラがジオラマを撮り、それを後ろのスクリーンへ映写。
でも、表現が普通でなくて「破壊的なW.ケントリッジ」という感じ。
爆音のBGMに話あり、歌あり、歴史あり、ダンスあり。最後はチェーンソーで背景のパネルを後ろに回って切り刻む(これメインね)。締めはジオラマに隠されたいくつもの火花(それも大量の煙と爆音付き)!!すごい、本当に壊れてるよ。写真はまさにその後の様子。

Mくんにとってなにがよかったか。
彼は舞台を去るときに、「みなさん、本当にありがとう。特に私の愛する(妻)、そのために私はウィーンに住んでいるのです。」といったって。
warabiは確認できなかったけど、最初のほうで彼の奥さん(アシストをしている)がダンスを踊ったらしい。あぁ、見られなくて本当に残念。

次回どこかで彼の名を見かけたら、絶対!

"LIFE -fluid, invisible, inaudible..." のオープニングイベントの一環として、昨夜は展示会場内でのライブ、そして本日はアーチスト・トークが行われた。

「99年のオペラLIFEで成し得なかったことを今回より執着してみたい」というアーチスト側の意向と、企画側の思いが今回ひとつとなった。
ふたりの共通の友人であるカールステン・ニコライとの会話で「ある京都の大好きな日本庭園に昼間いったら、何かが足りない。それがあとで月だとわかった。日本庭園は月も設計に入っている。」というのがあったそう。98%地中に埋まっている大きな石は見えている部分だけでなく、その見えていない大半も意味がある。今回のタイトル「invisible 目に見えないもの」とも重なるイメージだ。

坂本氏は映画音楽のような、0.1秒単位まで決められた時間に縛られるリニアなものから逃れたい、と思い続けてきたという。「リニア(liniear)なものが作れる彼だから、ランダムな作品を作る意味がある。」と司会の浅田彰氏。また話しを進めていくうちに、研究者と芸術家の境は考える方向が違うくらいで、技術も芸術も技であると語った。

「今後の作品作りでは、視覚と聴覚の融合以外になにを足したいか」という会場からの質問には、このインスタレーションという空間にダンスの要素はあり得るだろうと答えた後に、「アロマテラピーではないけど、香りの(する)ような音楽に興味がある」と補足した。

「命」「生」を表すLIFE。
様々な葛藤のなか生きている我々だが、空を見あげると美しい雲がある。もうこれだけで「救済」となるわけで、そういう感動や複雑で流動的なものがこの作品には含まれている。そして、この作品はここでしか見ることはできない!と司会者は締めくくった。

「水と油」のみなさんと打ち上げ。

今回のツアーで今日の出来が最高だったと、みなさん。それは山口のみんなにも嬉しいこと。そして、山口の観客の反応が良かったこと、劇場がとても良かったことなど、感想を話してくれた。若い(!)スタッフの対応も彼らにはプラスに映ったらしい。みなさんに余裕を与えられたなら、嬉しいことだ。
「劇場は人」だと熱く語るwarabi。こういう話になると、ついつい力が入る。
どうやって今後のダンスシーンを熱くしていくか、それはアーチストと劇場、そして観客が一帯となって声を出していくことが大事!

・関係行政も巻き込んで、文化活動の大切さを理解してもらうこと。
  劇場人は、これをことあるごとに声に出して伝えていく必要がある。
・観客を育てるためにアーチストに参加してもらい、教育普及活動に協力してもらう。
・WSはやりっぱなしでなく、成果を発表するまでとする。(受け身で終わらない、自主性を持たせる)
・協力してくれるアーチストのサポートを劇場側がしていく。
・活動を通して自主的に動き始めた地元のグループをサポートしていく。
・観客に良い作品を見てもらい、またい良い作品を作ってもらうような場を提供する。
・ひとつひとつが結果に繋がるので、常によい結果になるよう努力する。
・とにかく続けていくことが大事。10年後が楽しみ。
等々、砕けだ雰囲気で盛り上がった。
みなさん、いい人。また来年も来てください。たくさんのリピーターとともにお待ちしていまっす 笑顔

 このタイトル、ちょっとわかりづらいかもしれない。西洋音楽は普通譜面が存在する。スコアがいわゆる共通言語(ルール)となっている。現在まで伝承されてきた音楽や芸能は、そんな西洋音楽とは違う口頭で伝わってきたものもある。「もし、これからこの土地の伝統芸能を作るなら、、、」ということで、このWSは考えられた。現代音楽家の三輪眞弘氏が編み出した蛇居拳算、「その演算を使って音楽を作っちゃおう」と、最終日にはお客さんを入れてコンサートまで企画。土曜日の午後には大勢のお客さんがこの不思議なコンサートに足を運んだ。
 時間旅行楽団の7曲と、WS参加者が作った2曲。基本的には演算した音楽に動きをつけていく。動きだけのもの、「グー、チョキ、パー」の歌詞のもの、ハンドベルを使ったものなど、いろいろあったが、個人的にはWS参加者Aチームの作品が気に入った。

 こどものゲームのようになっているこの作品。
センターのオニを囲んで、みんなが「こども、サギ、漁師」という言葉を言いながら、身振りをする。オニは順番にこのじゃんけんをしながら(円になっている人と)入れ替わる。あいこになると「ぱたぱた」と言い、入れ替わることができない。そして、3回のこ「ぱたぱた」が続くと、オニが次のオニを捕まえて終了。

 作品ごとに規則が違っていたので、観客のためにもう少し説明があると良かったと思う。規則を理解して作品を見るのと、そうでないのとでは、おもしろさが変わってくるからだ。そこがとても残念だった。

このページのトップヘ