warabi's tagebuch

カテゴリ: つぶやき Murmeln

今年はパリの視察から始まり、ここまでなんだかとっても慌ただしい。ベルリン国際映画祭のすぐあとに、あの巨匠 Robert Wilson & Philip Glass 作品「アインシュタインの浜辺」がやってきて、2週間もの間 カンパニーの一員としてフォロースポットを担当したのがつい先週。

そして今週はmaerzmusikで、Anna Viebrock 演出・舞台・衣装の「IQ」がゲスト。こちらは、いつものあの懐かしい舞台に 見覚えのあるあの役者陣なはずなのに、あまりにとんちんかんな現代音楽すぎて、warabiには理解不能という、とても不思議な取り合わせ。ああ、Philip Glassのメロディーが懐かし感じる...

それもやっと今日が千秋楽で、ホッとできる幸せ! ここまで春うららな天気が続いていたのが嘘のように、崩れるという予想。いいんです。それでも。はい。


ドイツの春はもう半ば。クロッカスの季節はとうに過ぎ、桜種が咲き始め、劇場のモクレンも帽子を脱いでつぼみも膨らみ始めているこのごろ。

4月末にある恒例 Teddybaer Totalのために準備しなければいけない時期なのに、それどころではないというのが現状。これで大丈夫なのか、warabi。少しは焦らないといけないのでは?

さらに追い討ちをかけるように、友達が住んでいる田舎のフェスティバルに参加することになって、さあ大変。 Teddybaer Total の準備も手につかないうちに、ほかのフェスティバルに参加するなんてまさに自殺行為!?

まぁ、なんとかなるでしょうよ。気軽にいきましょうね。気軽に。



、、、ということで、
まとまりませんが、近況報告でした。


 
 

久しぶりの更新です。


今日はかわいい話題。
以前こちらで、動物フォントを紹介したのだが、覚えている方はいるだろうか。


あのときも猫ちゃん・フォントをご披露したのだが、あれはちょっと異色の写真フォントだった。



この度は、ラマ・フォントに並ぶ、絵文字タイプ。 = Vamp Kitten =



vampkitten



いつものように、試しにタイトルを入れてみた。なかなかしっかりとしたフォーム。読みやすいということは、使いやすい証拠である。

こちらのメリットは、フォントをダウンロードして使用できる点。自分でアレンジして楽しめるので、何かのおりには是非!

お気に入りのラマ・フォントも、ダウンロードできればなぁ。
 

国際法というものがあるけれど、環境系に関しての機関はまだ成立していないようだ。
3.11以降、なんかすっきりしない気持ちを払拭してくれた、興味深い案はこれ。



エコサイド(環境破壊犯罪)ジェノサイド(大量虐殺)というキーワード。



環境犯罪を取り締まる、ICE(国際環境裁判所)を設置するという案がささやかれている。

 

現在、ICC(国際刑事裁判所)では、ジェノサイド人道に対する罪戦争犯罪侵略犯罪の、4つの犯罪を現在取り扱っている。この5つめとして、「エコサイド」を犯罪として規定しようというのだ。



こちらのブログ 机の上の空 では、ゴルバチョフ氏の明言をあげている。

ゴルバチョフ氏はチェルノブイリの経験もあったことで、FUKUSHIMA についてはいろいろと考えるところがあるのだろう。



このような機関が設置されれば、環境に大しての抜け穴はなくなるので、ただ儲かるからといった無責任な行為はずっと少なくなるはず。英国では雑誌にも掲載され討論はされているようなので、早い段階で実現することを切に祈る。



*エコサイドという運動について、もっと知りたいという方は、

エコサイドは平和に対する犯罪?

こちらを読んでみてはいかが?

 

senkyo
投票所だった デュッセルドルフの日本総領館

もうじき、大事な参議院選挙がやってきます。

私はもう在外選挙を先週済ませてしまいましたが、今回は日本の将来が大きく変わってしまうかもしれない大事な選挙なので、 少しでも民意が反映されるよう、こちらでも微力ながら働きかけてみようと思います。


まずは、こちらをご覧ください。

気にはなっているけれど、比較するだけの時間が取れないのという方にもお薦め。今回の参議院選挙の争点がわかりやすくまとめられています。
漫画もお薦めです。憲法と法律の違いについても書かれています(勉強になるなー)。

みなさん、選挙の前に目を通してみてくださいね。


原発再稼働問題もそうなのだけれど、とても気になるのは ”改憲” について。

憲法96条。改憲しやすくしたら、こんな風にもできちゃうという見本のような。
この方TVで堂々と 「徴兵して軍を作りたい。徴兵拒否は死刑」とおっしゃっていますが、これを見てみなさんどう思われているのでしょうか?

視聴者が、メディアが報道したことをすんなりと受け入れてしまう体質になっていたら、とても怖いです。

 

 
 

農業界を騒がせている、TPPについて。

食物全般をある大企業に牛耳られてしまうかもしれないという映画でも話題になりましたが、遺伝子組み換えの表示がなくなるっていう事実を受け入れられますか?

下記を参照にしてみてください。これもわかりやすすぎ!

さるでもわかるTPP


さいごは、
今の叫びたい気持ちを表してくれている、

湯川れい子さんがツィッターで公開した、今から12年前に書かれた忌野清志郎さんの手紙で締めたいと思います。



清志郎の手紙


地震の後には戦争がやってくる。
軍隊を持ちたい政治家が、
TVででかい事を言い始めてる。

国民をバカにして戦争にかり立てる。
自分は安全なところで偉そうにしてるだけ。

阪神大震災から5年。
俺は大阪の水浸しになった部屋で目が覚めた。
TVをつけると、5カ所ほどから火の手がのぼっていた。

「これはすぐに消えるだろう」

と思ってまた眠った。

6時間後に目が覚めると、
神戸の街は火の海と化していた。

この国は何をやってるんだ。
復興資金は大手ゼネコンに流れ、
神戸の土建屋は自己破産を申請する。

これが日本だ。
私の国だ。

とっくの昔に死んだ有名だった映画スターの兄ですと言って、
返り咲いた政治家。

弟はドラムを叩くシーンで、
僕はロックン・ロールじゃありません、
と自白している。

政治家は反米主義に拍車がかかり、
もう後もどりできゃしない。

そのうち、リズム&ブルースもロックも禁止されるだろう
政治家はみんな防衛庁が大好きらしい。

人を助けるとか、世界を平和にするとか言って、
実は軍隊を動かして世界を征服したい。

俺はまるで共産党員みたいだな。
普通にロックをやってきただけなんだけど。

そうだよ、売れない音楽をずっとやってきたんだ。
何を学ぼうと思ったわけじゃない。
好きな音楽をやっているだけだ。

それを、何かに利用しようなんて思わない。
せこい奴らとはちがう。

民衆をだまして、民衆を利用して、
いったい何になりたいんだ。

予算はどーなってるんだ。
予算をどう使うかっていうのは、
いったい誰が決めてるんだ。
10万円のために人を殺す奴もいれば、
10兆円とか100兆円とかを動かしてる奴もいるんだ。

一体この国は何なんだ。

俺が生まれて育ったこの国のことだ。
君が生まれて育ったこの国のことだよ。
どーだろう……、

この国の憲法第九条は、まるで
ジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?

戦争を放棄して、
世界の平和のためにがんばるって言ってるんだぜ。
俺達はジョン・レノンみたいじゃないか。

戦争はやめよう。
平和に生きよう。
そして、みんな平等に暮らそう。
きっと幸せになれるよ。




 




散歩の途中、こんな標識を見つけた。

プライベートなエリアに入る生け垣に、この標識。
 

katzeerboten


、、、猫注意?


この絵が犬だったら、”糞お断り”とか、”放し飼いお断り”とか、いろいろと想像できそうなものだけれど。
”お断り”だったら、”/”マークがついているか、、、


飼い猫は飼い犬のように飼い主と一緒に移動していないし、ましてや野良猫は自由気ままに歩き回っているだろうし、猫はこの標識を見ないだろうしなぁ(見ても意図を読み取ろうとしないだろうし!)

赤い三角の中に猫。「飼い猫が通ります、注意してください」というところだろうか。



意図を読み取ろうとしているのだけれど、warabiは苦戦中。


どなたか、この標識の意味がわかる方はいるだろうか。。。


















このページのトップヘ