warabi's tagebuch

カテゴリ: 結婚 Heiraten


"お城で結婚式”、

なんてロマンチックなエンターテインメントに呼ばれた、warabiたち。


schloss_neetzow
schloss




この素敵なお城は、Mecklenburg-Vorpommernメクレンブルクーフォァポメルン州 Schloss Neetzow ネッツォウ城



150年くらい前というから、warabiたちの住む Schnatereiと同じくらい古い建物だ。




立地は完璧で、広い芝生の向こうには小さな池があり、その周りをぐるっと散歩が出来るようになっている。

また、周囲には昔は倉庫や家畜舎だった建物があり、レンガと石を組み合わせて作った 当時の素敵な外壁を見ることが出来る。



foyer
Mくんポーズ!




入り口を入ると大きな窓に囲まれたホワイエがあり、石段をあがるとこの千鳥格子柄の大理石フロアに繋がっていく。



tepich




こちらは、フロアの住人!?

ムートンが置かれているなーと思ったら、ムートンの上にもじゃもじゃのワンちゃんが・・・


ええと、色違いでなければ、きっとわからなかったよ。。。






prinz
リボンの騎士風warabi



お部屋で着替えたwarabi、、、

なぜか「リボンの騎士」風にお披露目!?





terasse




雰囲気のあるライブ音楽が、流れている空間。


庭に面したテラスを遠目から見ると、そこで行われている様子がまるで映画の1シーンのよう。。。

あー、素敵だわー




式の後、新郎新婦が行った行事をご紹介。

まず、祝福されて石段を下りてきたふたりを "塩とパン" がお迎え。

この"塩とパン"は、ドイツでは "引っ越しのお祝い" として贈られるもの。
どちらも生活をして行く上で大事なものだから、「切れないように」という願いが込められているのだそう。


こちらをいただいた新郎新婦は、
列席者が用意した、最初の夫婦の儀式 "丸太切り" へと移動する。



saege



そんなに太くない丸太を、両手のついたノコギリで「ギコギコ・・・」。


「この丸太、乾いてないわ!」

とか

「ちゃんと力入れてる?」

なんて、新婦から外からいわれる新郎Sくん。


2週間ぶりにカラッと晴れたこの日、3つ揃えを着てこの儀式はちょっと「辛そう」だった!?





hochzeitkuchen
ウエディングケーキ



もちろん、ケーキカットもあり。
日本だと、これが最初の儀式になる場合が多いかな?



ここに蝋燭ではなく、花火を刺して花火を楽しんだ後、新郎新婦がケーキカット。
(ちなみに、3つのケーキフィリングは3色!)

花火は終わった後が寂しいので、個人的にはどうかと思うけど。。。
華やかだからいいのか。


コーヒーと多種類のケーキでお茶をして、休憩を入れて夕方から朝までの晩餐会。



abend





この幸せな二人を祝うため、列席者も丸一日をお城で過ごしたわけだけれど、
こんなに素敵な非日常を味わえるんだから、祝う側も心からリラックスして楽しめるよね。

















なにか記念になるものはないかと考えても、普段から記念品とかプレゼントとか探したり考えたりするのが苦手なので、その行為自体無駄というのはわかっている。


ならば、warabi自ら作るか!
・・・・というわけで、できたのがこれ。

4b574531.gif


水彩画ね。
warabiは昔よく水彩画を描いていたのだ。
最近ではそれが嘘だと思われるほど縁遠いものになってしまっていたが(実際この趣味を知っている人の方が少ない)、なんだか今年はもう2度目。

絵を描くという行為は、メディテーションのよう。
頭の中を空っぽにして、対象物にイメージを添えて描いていく。

ああ、若い頃を思い出すわ?ぁ。

これに似合う額縁をMくんに作ってもらって、共同制作ってことにしたらいいかも。
3週間後、Mくんが帰ってくるのが楽しみ!

記念日...

っていっても建国記念日とか国の定める記念日でも日本記念日協会とかが認定した" ...の日"とかいうものではなくて、非常に個人的な"warabiの結婚記念日"のこと。


warabi的にはそういう"何の日だから!"というものはまとめてひっくるめて苦手なのだが、周りにはよく覚えている人がいるもの。

Mくんは随分早くから感慨深そうに言っているし、義理の母も朝一に電話してきて、声高らかに

"1周年おめでとう ! "

だって。
そっか、ドイツでは誕生日だけでなく、記念日一般が大事にされているんだ。。。
それじゃ、結婚記念日カレンダーとかもあるのかしら(誕生日カレンダーというのは普通に売られているのね)?

そのあと、うちの母から別件で連絡があったんだけど、用件の最後についでに今日は何の日か知ってる?と聞いてみた。"えっ、6月8日?なんかあったっけ?" だって。
やはりこれは < 血注射 > のせいだ !!

ま、考えてみればこの1年あっという間だったわけで、その前の1年も、ここのところずっと割とあっという間に過ぎて行ったわけだけど、warabiにしても感慨深く思えるほど、いろんなことがあった。

大きな渦に巻かれながら頑張って、気が付いたらここにいた。いろんな人に助けられて、励まされて、泣いたり、笑ったりした。
人生ってそういうものよね。

ということで、warabiとしては6月8日は感謝の日 プレゼント とさせていただきたい。
今後とも、ひとつよろしくお願いいたしまするリボン

山口県にある大谷山荘へ女性6人で贅沢ツアーを決行!
しかも、それは台風11号が九州へ近づいているさなか。しかしみんなで切望していた計画だったので、断念するわけにはいかない。仕事を終えたらすぐに車に乗り込み、いざ出発!

218e15f3.gif


露天風呂付きのお部屋ときれいになるエステとセットというのが、今回友人たちが用意してくれたお祝い。warabiもとても楽しみなイベントだったので、この際女6人で部屋飲みできるように、鹿児島で購入した奄美焼酎「高倉」持参!

新館にあるレストランでの食事は、優雅で満足いくものであった。創作料理は、和洋折衷でいろいろな味が楽しめ、飽きることがない。いろんな驚きもあった。大根のサイコロ炒め。これはお肉を焼いた後に、是非試してみたいと思うほど好評だった。ああ、幸せハート

食事も後半にさしかかり、間もなくエステの予約時間となったころ、「デザートはお部屋にお持ちしましょう」と仲居さん。素晴らしい?、さすがです!!
そして・・・

10f5c319.gif


この旅館を予約してくれた知人からのお祝いプレゼントがお目見え。
「きゃ?!!」とみんなで黄色い声を発する。みんなで
「こんな気の利いたことをするなんて、Oさんの株が上がったわ?」とべた褒め。
(いやいや、今回はすっかりお世話になってしまって、Oさんの株はすでに高値をつけていますってば!)
これがおいしいケーキで、中にも詰まったフルーツと甘くない生クリームのハーモニーにはwarabiも納得の一品っ♪ 

Oさん!ありがとうございましたっ!!

油谷湾の楊貴館よりもランクが上ラブというお宿はかなり気持ちのいい空間で、おもてなしもばっちり。アロママッサージと温泉と楽しい会話で、すっかりリフレッシュできたwarabiたちなのであった。。。

さんきゅ?っ温泉料理グラス

1af4aec7.gif
連日12時間以上の勤務が続いていて、身体が重いwarabi。今日は休みなので目覚ましをかけずに思いっきり寝るつもり・・・だったけど、やっぱり暑いので起きてしまった。。。

朝ご飯はヨーグルトバナナジュースと、アボガド&生ハムサラダ。三つ葉も入っていてさっぱり?いちごりんご 
夏ばてしないように、きちんと食べないと!!


洗濯を済ませて、県庁へ。
新しい戸籍ができたので、パスポートに併記名を入れてもらうためだ。
初めて入った県庁舎は、古くて暗い照明に懐かしさを感じる建物。旅券センターは入り口正面にあり、すぐ見つけることができた。

用件を伝えカウンターに必要書類を並べると、
「”婚姻証明書”のオリジナルはないですか」?と聞かれる。
オリジナルは新戸籍の申請で使い、パスポートの変更手続きにはそのコピーがあればよいはずと答え、「在ドイツ日本国大使館領事部からの書類」を受付の女性に見せる。
それを手に取ると、彼女は奥に確認にいった。

?数分後?

どうやらそれでOKとなったらしく、申請書の必要項を記入するよういわれる。ホッ 笑い
午後2時までに申請をした場合、その日中に受け取れるのだが、そのときはもう4時を過ぎていた。急がないので、申請だけして後日受け取りに来ることにした。

1a5eb184.gif



受け取りをもらうころ、別の女性がwarabiのそばにきて、
「さきほどの書類は、ドイツの大使館から取り寄せたものですか?」と聞かれる。

そういえば、「婚姻要件具備証明書」を取りにいったときも、インターネットの情報では戸籍謄本のコピーでよいとされていたのに、現場ではオリジナルが必要といわれたっけ。
お役所としては「オリジナルなら間違いない!」から、確認のためだけに必要なものでも、普通はオリジナルを要求しているんだろう。

でもね、オリジナル入手にはいちいちお金がかかるのよっ!!


写真-2は、パスポート受け取りに必要な受領証と「収入印紙」達。
横長の2色刷収入印紙(上)は「山口県証紙」200円分、下は郵便局で買える「収入印紙」700円分。

手数料は、締めて900円也?ぃ

このページのトップヘ