warabi's tagebuch

カテゴリ:自然環境_Natur > 木_Baum


どんな機械の免許なのか・・・

すでに受講した人の話だと、「ドラゴンを作ったよ」とか
「オウムを作った」とか、作業はさておき、作るものにとても興味を覚えたのだが、さて・・・


みなさんにはあまりに専門的すぎて、言葉で説明しても想像だけでは理解しがたいと思うので、画像を追いながら過程のご説明を。




blaetter
まず初めに。十分に乾燥させた素材を選別し 必要な長さに切る

fomatkreissaege
① このfomatkreissaegeで樹皮の部分を切り落とし
(または必要な幅に切りそろえる)


abrichte
② Abrichteで2面を直角に鉋かけ


hobeln
③ 残りの面を鉋にかける


この①〜③までの作業を繰り返すことによって、このような大きさの揃った表面の滑らかな素材に仕上がるのである。


gehobelt00
まるで東急ハンズ(!) で売っているような美品


ちなみにBirke 白樺(右)Robinie ニセアカシア中央 左)
中央黄味が強く、左は濃い茶色で違う素材に見えるけれど、同種の木。これが天然素材というもの。

同じ日本人でも日に焼けている人もいれば、真っ白な肌の人もいる。そんな感じ?

この素材を組み合わせて接着し、製材したものがこちら。


gehobelt01
品格漂う おしゃれな感じ!



いろいろな製材の仕方があるのだけれど、今回は機械を使いこなすという勉強のために、"何度も切っては張り付けて"を繰り返して、少しずつ部分が出来上がっていった。


gehobelt03
あの木の切り出しがこんな風に変身!



作業場には、今まで知らなかった小技道具がいっぱい。


特に素晴らしい小技道具は、
この Fritz & Franz フリッツとフランツ


fritz_franz
Fritz&Franzの乗っている台ごと手前から奥に押す仕組み



いわゆる右手にある平行ストッパーに沿って素材が移動するように、Franzで頭を抑えて手前の握り付きのFritzで固定する訳。

これが優れものの理由は、受け手側がゴム状になっているので素材を絶対に離さない。写真のように斜めに固定しても、丸鋸の抵抗に甘んじず、ちゃんと平行に切り出してくれるのだ。



bandsaege



最後に、機械をもうひとつご紹介。


作業場にある加工機械のほとんどがドイツ製。
新旧さまざまで、30年も使っている機械もなかにはある。30年経っても、メンテナンスさえよければまだまだ使えるということね。

なのに。
この映写機のような作りの Bandsaege 帯状ノコギリ は、イタリア製の大御所。

イタリア製だから(?)、ここがしっくり行かないだの、よく見ないとずれやすいだの、いろいろと問題があるようで・・・

コースの先生は、4.5mある輪状ノコギリの歯を、なんども念入りに調整をされていた。



さて、この行程を経て何が出来上がるのか?

続きは「Mschineschein - その2」にて〜


ラッキーなことに。


BFSにHKWからの贈り物(?)で、5 Fach-kombinierte Maschine (丸ノコ、鉋機、角度調整等が一体になった豪華木加工機械)やってきた。

しかし。

これは非常に専門的な木材加工機械なので、免許がないと使用許可が下りない(ということになっている)のだ。

ということで。

BFS舞台部全員で、 Maschineschein 免許取得のための5日間 Schulung スクーリング中


maschineschein
本日もらった 教科書の表紙


えっ、なぜ 舞台部でもない warabiが !?


それは・・・

ラッキーなことに、1席空いたから。

Mくんの助手として、これらの機械を自由に扱うwarabiとしては、やはりここで免許を取っておきたいところ。

一緒に受講中のみんなよりも1歩先に行っている、照明家&Tischler 大工助手のwarabi。

無事に1日目終了。

朝6時45分集合(もちろん早朝の!)。
職人時間で朝はめちゃくちゃ早いけれど、結構楽しんでいるwarabi。
明日以降も、乞うご期待〜





友人である家具職人と一緒に、二重窓の内側が届いた。

まぁ、「届いた」というか、MくんがHannoverまで「取りにいった」んだけどね。


warabiの住む Schnatereiは、年月をかけて基礎から自分たちで立て直している150年くらいの古いFachwerkhaus (日本家屋みたいなもの)
現在の建築材(安い素材)を使わないで、高価だけれど自然の素材を手に入れ、昔ながらの方法で建てている。

そんな訳で、10年経ってもまだまだ改装すべきところはたくさんあるのよねぇ。
「"完成"はいつごろ?」なんて、気の遠くなるような話。

とにかく、大きな工事は久しぶりということで、家族中がちょっと興奮気味。


窓を番号をふった各部屋に搬入して、みんなで

「おお〜」


innenesfenster
じゃじゃ〜ん!


これ、今年の2月にwarbaiたちも少し手伝ったんだよねぇ。
と、しみじみ。

内側は桟が少なくて、クリアなのねー。



外側と同じ生木仕様は、窓枠に色を付けないという今ではほとんど見かけなくなった昔の方法。

雨が降っても平気。というのも、木の繊維をそのまま生かし、ヤスリをかけないで仕上げるからなのだ。ヤスリをかけると表面は綺麗で、手触りがいいが、繊維は壊されてしまい、そこから水が入る。


・・・と以前教わった。




fenstereinbauen
作業中の様子



秋に準備しておいた2重窓の間に当てる材料を枠型にし、出来た隙間に麻の繊維を写真のように詰め込んでいく。



hanf
麻繊維を隙間に押し込んでいる様子



充分詰め込んだら、出来上がった2重窓を当て、Kail 木で作ったくさび形とねじで固定。その後、さらに窓の厚さ分の麻繊維をつめていく。

これで、窓固定の作業はひとまず終わり。



doppelfenster
内窓をはめると 見る見るうちに結露が解けていく



左側ははめたばかり。
右側の窓は先にはめられたため、外がよく見えるのが分かるだろう。


今回の課題は13組の窓をはめること!



1日終了時点で、8組終了!

優秀、優秀 ~



窓際に立っても、外気を感じないほど遮断された部屋。
内窓を開けると、ひんやりと冷気を感じる。

朝起きると、いつも結露のために窓から鳥が見えづらい。
明日の朝はクリアに見えるだろう。

楽しみである ♪





久しぶりに晴れた日。

もうじきやってくる、2重窓のための準備をする。
窓の素材はもうかれこれ 5年ほど寝かせていて、十分に乾いているはず。今年の2月に窓枠を作りにいった "あれ" が出来上がってくるのだ。




laerche
自然の作り出す なんとも美しい木目



すでにはまっている外側の窓と、出来上がってくる内側の窓の間に2年寝かせた10cmの唐松を羽目板として使用する。

その切り出し、加工を手伝うwarabi。
考えた末、日向の芝生で作業台を設置。ここのほうが、作業場よりも温かいもんね。ふふふ。


唐松は脂(樹液)が多いので、切り出すととてもいい香り。
写真のような節にはとくに脂が多いので、色も鮮やかで香りも高い。鼻をくっつけて、にんまり。

幸せ〜♡

普通ならこのような節を嫌うので、これはゴミとなってしまう。
でも、warabiたちはこの美しい木目が好き。だから、あえて羽目板に使うのだ。



そして。



kuchen




風があるけれど暖かいので、久しぶりに外でカフェ。
Kuchenは義母手作りの、リンゴとクルミ入り。もちろん、自家製Schnaterei産のもの。


これが今年最後の外カフェかなー。

お日様の光を十分に満喫した1日なのであった。




日本式タタミベットの枠

完成~


ご覧の通りの出来映え!
この枠の上に畳が載る。



RIMG0092
RIMG0098
この部屋にも合っている素敵なベット

オイルが落ち着いて、ほんのりピンク色になった唐松素材(ベッドの外枠)。こうして見ると、150年ものの家の柱と相性がいい。

ちなみ、この家の柱(写真下:右側にちらっと見えるのが古い組み木の柱)に使われている150年ものの材木は松。ベッドの天板に使われている、明るい色のものと同じ素材である。
松はお手頃な素材だけれど、古くなると色に深みがでて、こんなに落ち着いた色になるのだ。

この素敵な家具があれば、ちょっとおしゃれな畳コーナーを演出できる。オーダーした方も満足してくれればいいのだが・・・


素材・大きさはお好みで注文可。
Schnaterei工房 にて
いつでも注文受付ま〜す!!





このページのトップヘ