warabi's tagebuch

カテゴリ: お手製_Handgemacht


いつも駆け足なwarabiたちですが、この晩秋もひたすら走り続けています!


、、、といっても、
もちろん、本当に走っている訳ではなくて、
あっちへ、こっちへと、忙しいことの例えとしてだけれども。


 TEDDYS-kreativ
というテディベア専門誌最新号に、写真いっぱい3ページ続きのwarabi's filztiere特集を組んでいただきました。こちらは、ちなみにドイツ語です。
購入しなくても、上のリンクから閲覧できます。右側のリンクから、ギャラリーへ飛ぶこともできます。
本家のテディベアとは違って、warabiのものは フェルトクマですのに、いやいや、とてもありがたいことです。


そして、それにその出版日までに間に合わなかったけれど、
ほとんど出来上がってきた warabiの世界を堪能していただくための新しいwebサイト、
warabis-welt.com のほうも、大事なニュースであります。
まだまだ工事中なので、testとあるのはご愛嬌ということで!


今は、来月のアーチストマーケット ”hinterland" に向けて、準備中。


isitenkarte



新たなwebサイトのために、
こんなにかわいい名刺を即行で作成しました。


裏面に使った写真は、
発注犬2匹をとても喜んでくださったお客様が、フェルト犬の姿勢をオリジナルワンちゃんにとらせて(がんばったね!)、撮影してくれたのもの。
ワンちゃんたちの表情もいいし、とても綺麗に撮れているので、おかげで出来上がりも大好評!!


hinterkandフライヤーもDMも、あちこちに配布中。
そろそろ、新作のタグ付け&値札付け(これ嫌い!)や、スタンド準備もしないとなー。


今取りかかっている受注ネコくんを仕上げたら、嫌いな仕事に向かいます(強制的に!)  







 










 


みなさま、ご無沙汰しています。

11月に予定されているwarabi´s filztiereの活動についてお知らせです。
(以下、写真をクリックすると拡大できます)


Hinterland_2013 00001


Extra für Berliner!!

Bitte schaut Euch den Flyer jpg an. 
Der Kunstmarkt "hinterland" findet am 15. - 17. Nov . statt.
warabi´s filztiere sind auch da. Am Samstag gibt es einen Bus aus Berlin vom Alex zum Kulturhaus Mestlin, und am Abend wieder zurück!!

Kommt einfach alle!!


Hinterland_2013 00002


ベルリン在住
の方、朗報です!

以前お知らせした warabi´s filztiere参加 ”hinterland” の開催場所を見て、断念した方もいらっしゃることでしょう。

2013年のhinterlandでは、土曜日にベルリン・アレックス広場から会場までの直通バスをご用意しました。
BIOのお食事やクーヘンなどこだわりのキッチンも参加しているので、一日ゆっくりとクオリティーの高いアーチストの作品を堪能できます!!

詳しくは添付のjpgをご覧ください。


Hinterland_2013 00003
 
Hinterland_2013 00004
 
Hinterland_2013 00005
 


追記:フライヤーのPDFや、印刷物がほしいかたは是非ご連絡ください。

  ご希望枚数を郵送いたします。
 


久しぶりに、羊毛フェルトの作品が出来上がりました。

ワイヤーフォックステリア。 




wirefoxterrier



羊毛以外にも、様々な繊維を織り交ぜているので、場所によっていろいろな質感を感じることができる。

「織り交ぜて」 と書いたのは、フェルトはフェルトでも、ただチクチクしたというのではなく、織物をする感覚が交差するような作業だったから。もちろん、機織り機は使用しないんだけれども。

こうして出来上がった作品は、本当に織物のような手障りだったり、表現だったりするのである。とっても不思議。

羊毛100%よりも、warabi的には興味深い織物作品。
もう少し、幅を作ってみたいと思うこの頃なのである。



 


FB内発注の動物を3つもやり遂げ、今は本業の方の仕事にどっぷりの毎日。

その 最後の動物は、こちら。


katerfertig
 


ものすごーーーーく苦労した、ロンゲのしかも猫くん。
目といい、顔といい、毛並みといい、ものすごく特徴のある容姿である。

本物の猫写真を見ていない方は、このフェルト動物はちとマンガチックと思われるかもしれないが、オリジナルはもっとすごいのだから。これは随分と押さえている方だと思っていただいていい。


さて。お次ぎは現在進行形。


halle



恒例の出稼ぎ中。

またしても、RTの仕込みである。


今年もものすごい顔ぶれがプログラムをにぎわせている。
ハイナーに、ウィルソンに、ルパージュに、カステルッチに、フォーサイスに、リョージイケダに、、、書ききれないわ。。。

 

blume



こちらは、電気で操作できる、夢のお花!?

これが美術館が開けるくらい珍しい創作楽器に囲まれて、川の周りに咲く25本の電動コントロールのお花などなど。


さて、どんな作品になるのか、ワクワクですー♪



 


帰国時に作った動物たちが、焼き上がって来た。


それは、「萩焼」の動物たち。
そう。渋さで勝負の、あの、「一楽二萩三唐津」の萩焼。


そんな萩焼をwarabiが手がけると、こんな風になってしまった・・・


hagiyaki


こちらは成形後のもの。

ええと、、、侘び寂びはいったいどの辺に・・・?


そんな疑問も、”焼き上げる”と、それなりになかなかよく見えるものなのである。ふふふ。
それが、焼き物という魔法なのだ!!



それでは、送られて来た作品たちをご紹介。


hund


焼き上がったwarabi's 萩焼ワンちゃん。


katze


warabi's萩焼猫ちゃん。


schwein

warabi's 萩焼ブタくん。



baer


そして、最後は
warabi's 萩焼クマくん。


いいカメラに変えたので、写真もなかなかの雰囲気でしょ?
ihihihiさん、ありがとうございました〜♡




このページのトップヘ