warabi's tagebuch

カテゴリ: お手製_Handgemacht


Teddybaer Totalは無事終了しました。
応援をくださった方々、ありがとうございました。

どんな様子だったか気にされている方もいると思うので、こちらで展示会場を少しご紹介したいと思います。


stand00


こちらは、前日の仕込みの様子。
立て込み終了して、動物を飾る前の状態です。

去年頑張って作った棚に、切り株棚、即席宣伝ボードを合わせたwarabiのスタンド。


stand01


切り株棚には、蔦を絡ませてナチュラルな演出をさらに極めて ♪


warabi'sstand



動物たちを飾ると、こんな風〜 ♪♫

今回はテディーファンのために、フランスから取り寄せた小さなベアや動物関係の小物も一緒に並べてみました。これが思ったよりも食いつきが良かったので、次回の参考にしたいと思います。



total02
1日目は写真が撮れず・・・
3重にも人が押し寄せた場面もあったんです



会場の雰囲気も混ぜて、少しお話ししましょう。

今回は去年と比べると出店数が2倍になった関係で、テディベア一本で勝負しているアーチストたちには厳しい条件となったようです。スタンドの場所も大きく関係しているようで、オランダ通りと関係者たちは呼んでいるオランダ人たちは場所柄不利だったため、全体的に売り上げが良くなかったと聞きました。このように条件がカラッと変わってしまうと、これだけで食べていっている人たちは大変です。

それに比べると、warabi's filztiereはテディーベア勝負ではない唯一(といっていい)店なので、去年を凌ぐ勢いでとても忙しい2日間となりました。これも応援してくださったみなさんや、去年見て気に入ってくださったファンの方達の御陰です!!

ありがとうございました!



total


この写真は、2日目そろそろ店じまい&撤去のころのもの。

こんな雰囲気のメッセホールでした。

出店しているのは、テディーをつくるアーチストたちだけでなく、素材を売っているお店や、関連商品を扱っているいる店などいろいろ。
新しいテディベアを手に入れたお客さんは、写真右のようなお店でテディのための洋服を数式揃えたりするんです。その買い方がもう、異次元でびっくりしてしまいました。


目玉はなんと言っても、Golden George賞関係の展示でしょうね。
写真を取り損ねてしまいましたが、カテゴリーに分かれて賞を競うコンテストに参加しているベアが展示会場中央に設けられているのです。
ファンの方は、きっとこれを楽しみにされているんでしょうね。


kinderws


2日目日曜日は、家族の日と称して、子供たちのためのイベントもいろいろあった様です。
こちらは、そのうちのひとつWSの様子です。小さなベアを作っているのかな?


schzetzstelle


そして、最も気になったのが、このテディ判定師のコーナー。
おうちにあるテディーをこちらに持ってくると、プロの判定師からいつごろのものだとか、価値はどのくらいだとか、お話が聞けるのです。warabiが通り過ぎたときも判定師さんにお話を聞いている方がいらっしゃいました。
次回はwarabi宅のテディも持参しようと盛り上がりました。


いろいろな出会いがあって仲間も増え、いろんなお話も聞けました。これがどんな風に発展していくのか、warabi自身も非常に楽しみです。
それらが形になったら、またこちらで報告を使用と思います。お楽しみに〜☆






春になったと思ったら、TTの準備も始まり、打ち合わせやら立て込み準備やら、夏のR. ウィルソンのBauprobeも間に滑り込んできて、なんだかとっても慌ただしいこのごろ。


そんなバタバタしている間に、Teddybaer Totalが着々と近づいてきた。それも、あと1週間後という迫り様。「5分前ですよー」の鐘が鳴っているみたい・・・

これに合わせて始めた、FBでのサイトは御陰様でとても好評。
受注のお客様もでて、とても嬉しいのだけれど・・・「取りかかるまでもう少々お待ちください」状態となっている。

さて、Teddybaer Totalの準備進行具合だけれど、
ここで紹介しておかないと、もう本番に突入してしまいそうなので、今のうちにアップしておこう。


warabisstand



去年のトランク型の棚に、夢の切り株棚を並べて、こんな風に飾り付けをするつもり。
これに、先ほど作った蛍光灯の "隠し" が加わるのと、少し小物を付け加えて、雰囲気を盛り上げようと思っている。


本番は実況中継は出来ないけれど、また報告という形でこちらにも載せますね。

どうか、滞りなく迎えられますように!!




FBのほうにはこの作業について書いたのだが、こちらへの書き込みは作業が済んでからと思っていたので、随分と時間が空いてしまった。


その作業とは、、、

プロジェクト名「切り株棚を作ろう!!」

もちろん、わざわざプロジェクト名をつけなくともよい訳だけど。。。


テーマはもちろん、Teddybaer Total 2013 。去年のこの時期、古いトランクを再利用して棚を作ったのをみなさん覚えているだろうか。そのブースの右側を埋めるための「何か」をずっと考えていたのだが、あるときこの切り株棚を思いついたのだった。


(去年の記事は TeddybaerTotal 準備その2
)


まずは切り株探し。

森へいったり 庭の木を見たりと、長いことかけたのに、なかなか見つからず。結局、今まで密かにコレクションをしておいた、切り株を使用することに。こんなこともあろうかと、面白い木の部位を見つけては隠しておいたのだ(隠しておかないと暖炉の薪にされかねない!!)。こんなこともあろうかと、こっそり隠しておいて 大正解だわ〜!!

regal00



これがその切り株。木の種類は、ドイツでは Holunder ホルンダーといわれる、花や実は好んでジュースやジャムにされる ニワトコを使用。3年くらい寝かせて(放っておいた)ので、乾燥が進んで結構亀裂が入っているが、それも合わせていい感じの枝ぶりである。

うまく仕上げるポイントとしては、
この時点で、なんとなく作りたい絵を想像しておくことが大事!

裏話だけれど、、、
近くで見ると、クロちゃんたちが美味しい木の皮を食べ尽くしたのだろうと容易に想像ができる歯形付き。いろんな意味で無二の素材なのさ ♪



regal01


話を進めよう。
棚の板になる部分は、唐松を選択。もちろん、素材は生のもの(乾燥済み)。まず、鉋機に両面かけて表面を滑らかにし、使いたい部分を見分ける。

生の素材は、幅が違ったり、木目が均等でなかったり(逆にそれが良かったり)するので、どの部分を使用するのかで随分と印象が変わってくるからだ。


regal03


今回は直線はひとつもない、自然な曲線が連なった棚が目標。
なので、直線や平行に頼ることはせず、糸鋸で気分よくイメージに沿ってカットしていった。
といっても、糸鋸でカーブを切るのは結構大変。初心者には向かないのでご注意!!


regal05



板を切り終えたら、そこからは少々忍耐の時間。

写真のように、表面の凸凹に合わせて、板目を調整していく。もちろん、ここで適当に合わせてもいいのだが、warabiという職人はここにこだわっていた。


regal08


それぞれの板目の調整がついたら、今度は差し込みの調整。
これは、固定させるためにも、見た目を美しくするためにも大事な作業のひとつ。

日本製のノコギリで(ここ重要!)
、印を付けた板目の当たる位置に切り目を入れ、金槌とノミで気をつけながら均等に差し込み部分を完成させていく。

前の作業で、例えば直線に合わせを入れた場合、ここでは直線に切り目を入れていけばいいなのだが、先にも書いたようにここはこだわりなので。


regal06


木目に合わせた差し込み部分の一部。
こちらは、枝を穴に差し込むので、このように板上面から下面にかけて、斜めに切り目を入れた。ここは、どの曲線も どの斜面も一律にはいかないので、時間がかかる”忍耐”、または”修行の時間”といえる。


regal09



何度も試し合わせをして出来上がったのが、こちら。

はぁ、やっとである・・・


regal07


棚のパーツが揃ったら、あとは細かい修正。
木材パテで、乾燥ヒビや虫食いの後などを埋めていく。羊毛という繊維をここの飾るので、なるべく表面を滑らかにしようという心配りである。


regal10


ヤスリをかけて仕上げたら、最後にHolzoel (直訳だと木材オイル)を塗っていく。ラックだとツルツルになるけれど、安っぽく見えるし素材も殺してしまうので、割と早く乾燥する自然な仕上がりになるこのオイルを使用。

塗り始めると、素材の色の深みが出てくるのが見てとれる。


regal11


しばらくして、オイルを吸い込んだ状態がこちら。
ヌメッとして、いい感じでしょう? 唐松独特のピンク色もきれいにでているし ♪♫


regal12



オイル一度塗り後がこちら。
乾燥後、ヤスリをかけてもう一度オイルを塗るのだが、それはもう少し先。



「木に雲がかかっている」ようなイメージ。

作業中、同僚が「Katzenstufen 猫用の階段?」と聞いたけれど、違います!猫は乗れませんのであしからず。
羊毛動物専用です!!




FBにて少し前から過程のお話をしていたので、もう古い記事になってしまっているけれど、こちらにもちゃんと記録を残しておこう。

テーマは「ロバ」
ローマ字だと、日本人がRobaと書いてLobaと発音する、あの動物。


関係ないけれど、ローマ字表記をヘボン式でというのはやめましょうよ。「日本人はRとLの区別がつかない」と言われちゃうんだから・・・


・・・と、”Rと書いてLと発音する” 名前が来るたびに、この思いがよぎるwarabi。ちなみに、warabiもそのうちに入る単語なんだけれど、ちゃんと"R"で発音してもらっている。


話題を元に戻して、ロバ!
roba



ロバも色々いるけれど、スタンダードなグレーのやつ。種類は、、、わかりません。
このときは9割がた 刺し終えたところ。
ロバっぽいんだけれど、顔が子供チックと言うか。。。そう、目が全然だったのですよ。


・・・で、「ロバの目ってどうなってんだろう」とネットで調べてみたら、
ヤギさんで知られるあの”横長瞳孔"だとわかったのだ。ロバがそうということは、もちろん馬のほうも同じ訳で、、、みなさん、ご存知だったでしょうか???


それで、横長な瞳孔をチクチクしてみた訳なんだけれど、そうしたらデフォルメした目のようになってしまって、リアル感がなくなったのである。リアルにしようと思ったのに、前の黒目のほうが良かったって何!? ガ〜ンッ


2度目の観察チャレンジで得たものは、、、まつ毛、だったのだ!!!
出来上がったのはこちら☆


esel



まつ毛が長すぎて、横長瞳孔が見えませーん!

しかし、warabiらもこれに騙されていた(!)訳で・・・だから、これで良しとするのだ。



もちろん、針金は無使用。
荒目の羊毛をメインに6種類を混ぜて、ロバ特有のがっちり感とグレーグラデーションを出しました。
ブレーメンの音楽隊にはなりません(今となってはよかったー♡)。単品です!





パン焼き係は、大抵Mくん。

最近は寒いせいか、部屋の温度を上げてパン焼き作業をしても、彼がどんなに頑張っても、いつものようにパン種がぷっくりと膨らまない。

ここのところ、2度くらいは膨らんでいないので粘土のようなどっしりパン(ドイツパンでも膨らむと少しは重さが分散されるんだけれどね)を食べるはめになり、いまいちの出来にwarabiは手作りパンにちょっと飽き気味。

だったら、近所の美味しいパン屋で買って来たらいいのに、手作りパンに満足しているMくんはそう簡単に「ウン」と言わず・・・

こうなったら、warabiがMくんよりも出来のいいパンに挑戦するしかないっ!!!!


っというわけで、
クックパッドのパンレシピを検索して探し出したのがこちらの twinsママさんのレシピ


焼いてみたら、なんとプロ並みの出来に超〜満足♡

まるで○ンデルセンで手に入るパンのよう
以下に、warabi風アレンジをまとめておこうと思う。


  <材料> 作りやすい大きさ

小麦粉 全粒粉  50g
小麦粉  130g
ライ麦粉 20g


砂糖  食事用スプーン 1杯
ドライイースト ティースプーン1杯弱
塩 ティースプーン1杯

ぬるま湯   140cc

ドライプルーン 4つくらい
ローストしたクルミ  6〜8個分


1 ボウルにぬるま湯、イースト、砂糖をいれ、しばらく置く。砂糖が溶けたら、塩を入れてよく混ぜ、粉、ドライフルーツ、クルミも加えて更に混ぜる。

2 粉っぽくなくなったら、ボウルにラップをして(これが冬場は結構大事みたい)、室温(できるだけ温かく)10分放置する。

3 ボウルの中で ”折ってたたむ” 作業を10回して、ボウルに戻して10分おく。←この作業を合計3回行う。

4 3回目が終了したら、とじ目を下にしてボウルに戻し、2倍くらいの大きさになるまで約1時間くらい発酵させる。


ここまででぷっくりとしていい感じだったので、興奮しついつい

5 余熱したオーブンで230度15分焼いてしまった

のが、こちら。


brot


こんな表面のパン、どこかで見た覚えがあるでしょう?
外側がかっちりとして、中はしっとりもっちり、いい感じ〜♡

brot02




断面もい〜い感じ。

香ばしい香りで食欲をそそられたので、もちろん味見をしてみたら、なんのお供もいらずについつい食べてしまう。
味のあるいいパンが出来た ~ ♪♫ わ〜い ♪


しかし。
レシピにはまだまだ行程がつづいていたので、念のため以下に記しておく。

6 2倍に膨らんだら、打ち粉をした台場で4分割し、少し形を整え、濡れ布巾をして20分ベンチタイム。

7 閉じ目を上にして、上下の生地を中心に向かって折り、更に半分に折って生地を張らせる。
布取りして室温で二次発酵。
(二次発酵の間にオーブンを最高温度に温めておく。二次発酵は今回室温(25度)で30分。生地がひとまわり大きくなればOK)


写真これが・・・


クッキングシートを敷いた天板に移し、真ん中に切り目を入れて、230度で15分焼く。


写真こうなるのですねー。



みなさんも是非お試しを〜

このページのトップヘ