warabi's tagebuch

カテゴリ: 動物_Tiere

みなさん、お久しぶりです。

2015年が明けて、初めてのブログ更新が3月になってしまいました。
あまり更新できていませんが、どうぞ今年もよろしくお願いします。


まずは、うちの羊を代表して、ミミちゃんからもご挨拶です。


ミミちゃん


大きくなりましたよね〜。

哺乳瓶でお乳をもらっていたのは、去年の5月のこと。そんな彼女ももうすぐ、1歳になります。ほとんど独り立ちできていますが、人間が近づくとまだまだ甘えてきます。かわいい♡


さて。
今年の冬は去年同様短期でしかも比較的暖かくて、ドイツの冬らしくなかったです。ここのところ大雪だったり、氷点下15度なんていう寒さはやってきていないことからすると、やっぱり気候変動しているんでしょうかね。

 
冬の風物詩の餌場は、おかげさまで野鳥たちには好評で今年も毎日にぎわいました。
中でも一番目を引いたのが、このBuntespecht アカゲラの雌。


buntespecht
 


四十雀用の羊の脂を食べにきていました。彼女には狭くてぶら下がりにくい場所だったのですが、こんな風にしがみついてついばんでいました。そこまでして食べたいのか、、、とても器用ですよね、、、


 
今は歯医者にかかっていますが、今年もけがもなく健康に過ごしたいです。やっぱり健康第一(笑)!


今年の夏には、家の屋根を吹き替えたりと大工事が予定されているので、いろいろと報告が出来ると思います。これは今までにない大きな規模の工事です。これぞドイツらしい、男の仕事っていう内容をご紹介できるでしょう。


どうぞお楽しみに〜! 

大変ご無沙汰しています。
鳥のネタを書き留めたくて、久しぶりにこのブログに戻ってきました。




今年田舎の家の周りで巣作りをしてくれたお初の野鳥は、
Hausrotschwanz クロジョウビタキ  。

hausrotschwanz01


今までこの鳥を街中で気軽に見かけることはあっても、この周辺では目にしたことがなかった。だから、とっても嬉しいのだ。

Rotkehlchen ヨーロッパコマドリや、 Bachstelze ハクセキレイのように人の近くで生活する鳥のようで、庭で朝食時などにテーブルの周りを飛び回ったり、屋根伝いを歩いたりしてくれて、warabiたちを楽しませてくれる。
クチバシは雀と違って細く、どちらかというと四十雀のそれのよう。身はすらっとしている。時にはハチドリのようにホバリングしていたりと、飛び方を見ても身のこなしが軽いというのがすぐにわかる。

 
彼らは、今子育て中。
興味深いのは、なんとお古のツバメの巣を再利用していること。

以前にここでツバメの子育てがあったので、これは確かな事実。wikiで見る限り、”枯れ葉や苔を土台に巣を作る”とあるが、次の写真を見ていただくとわかるように、泥で固められた正真正銘の燕の巣!!!

再利用するなんて、今の時代にぴったりなエコな鳥!鳥自体はエコなんて気にかけていないだろうから、順応性が高いということか、それともただ面倒くさがりというだけのか(笑)。


ちなみに、ツバメは一度使われた巣を再利用しないので、この隣人の行為について全く問題はない。(もちろん、ツバメは新しい巣で子育て中


hausrotschwanz02



 大きなお口は、4つ覗いているのがわかりますか?
 

久しぶりの更新です。


今日はかわいい話題。
以前こちらで、動物フォントを紹介したのだが、覚えている方はいるだろうか。


あのときも猫ちゃん・フォントをご披露したのだが、あれはちょっと異色の写真フォントだった。



この度は、ラマ・フォントに並ぶ、絵文字タイプ。 = Vamp Kitten =



vampkitten



いつものように、試しにタイトルを入れてみた。なかなかしっかりとしたフォーム。読みやすいということは、使いやすい証拠である。

こちらのメリットは、フォントをダウンロードして使用できる点。自分でアレンジして楽しめるので、何かのおりには是非!

お気に入りのラマ・フォントも、ダウンロードできればなぁ。
 


家の裏にある、いつもの何気ない池の風景。


でも、よーく見ると、、、
 

ike





ほら、4羽の鳥が、、、

 
kranich


サギと、ツルのつがい。


ツルはよく鳴くので、居場所が分かりやすい。
このときも、大声を出してくれたので、彼らが池にいることを察知できたのだった。

しかし、こんなふうに シャッターチャンスがあることはごく稀。 まぁ、夏の間は留守にしているので、見るチャンスもなにもないんだけれど。


間に合って、よかったわ〜!


 


久しぶりに、羊毛フェルトの作品が出来上がりました。

ワイヤーフォックステリア。 




wirefoxterrier



羊毛以外にも、様々な繊維を織り交ぜているので、場所によっていろいろな質感を感じることができる。

「織り交ぜて」 と書いたのは、フェルトはフェルトでも、ただチクチクしたというのではなく、織物をする感覚が交差するような作業だったから。もちろん、機織り機は使用しないんだけれども。

こうして出来上がった作品は、本当に織物のような手障りだったり、表現だったりするのである。とっても不思議。

羊毛100%よりも、warabi的には興味深い織物作品。
もう少し、幅を作ってみたいと思うこの頃なのである。



 

このページのトップヘ