warabi's tagebuch

カテゴリ:お手製_Handgemacht > フェルト _ Filz


FBにて少し前から過程のお話をしていたので、もう古い記事になってしまっているけれど、こちらにもちゃんと記録を残しておこう。

テーマは「ロバ」
ローマ字だと、日本人がRobaと書いてLobaと発音する、あの動物。


関係ないけれど、ローマ字表記をヘボン式でというのはやめましょうよ。「日本人はRとLの区別がつかない」と言われちゃうんだから・・・


・・・と、”Rと書いてLと発音する” 名前が来るたびに、この思いがよぎるwarabi。ちなみに、warabiもそのうちに入る単語なんだけれど、ちゃんと"R"で発音してもらっている。


話題を元に戻して、ロバ!
roba



ロバも色々いるけれど、スタンダードなグレーのやつ。種類は、、、わかりません。
このときは9割がた 刺し終えたところ。
ロバっぽいんだけれど、顔が子供チックと言うか。。。そう、目が全然だったのですよ。


・・・で、「ロバの目ってどうなってんだろう」とネットで調べてみたら、
ヤギさんで知られるあの”横長瞳孔"だとわかったのだ。ロバがそうということは、もちろん馬のほうも同じ訳で、、、みなさん、ご存知だったでしょうか???


それで、横長な瞳孔をチクチクしてみた訳なんだけれど、そうしたらデフォルメした目のようになってしまって、リアル感がなくなったのである。リアルにしようと思ったのに、前の黒目のほうが良かったって何!? ガ〜ンッ


2度目の観察チャレンジで得たものは、、、まつ毛、だったのだ!!!
出来上がったのはこちら☆


esel



まつ毛が長すぎて、横長瞳孔が見えませーん!

しかし、warabiらもこれに騙されていた(!)訳で・・・だから、これで良しとするのだ。



もちろん、針金は無使用。
荒目の羊毛をメインに6種類を混ぜて、ロバ特有のがっちり感とグレーグラデーションを出しました。
ブレーメンの音楽隊にはなりません(今となってはよかったー♡)。単品です!




ある動物園に、面白い情報パネルを見つけた。


リンクは以下 ↓


ここはタヌキ アライグマはこっち レッサーパンダはあっち


これと同じ要領で、wiki写真を連続してみると、、、


これは タヌキ
こっちは アライグマ
そっちは レッサーパンダ



こうして比べてみると、狸とアライグマって似ているね〜。色も特徴もそっくりで、まるで親戚みたい。
優しそうな狸おばさんに、ワイルドでやんちゃなアライグマくん、、、みたいな。
英語では、アライグマを raccoon ラクーンと呼び、狸を raccoon dog ラクーンドックと呼んでいるところからみても、そっくりを認められているとわかる。

レッサーパンダは、「こんなかわいい動物本当にいるの〜?」的な出来映え(?)ね。犬と猫を足して割ったような愛らしさを備えていると思う。
ジャイアントパンダが見つかるまで、レッサーパンダは「大道のパンダ」だった訳だけれど、「レッサーになった今でも、クマはクマなのよね?」と思って調べてみたら、

ジャイアントパンダ
は、哺乳網ネコ目(肉食目)クマ科ジャイアントパンダ属
レッサーパンダは、哺乳網ネコ目(肉食目)レッサーパンダ科レッサーパンダ属


で、違う種族だということが判明。まぎらわしいなぁ。



kleinerpanda



新作、出来ました!

さて、これはなんでしょう?











写真に撮ってみたら気に入らないってこと、たまにある。

人間の目で見ていると ”見たいところしか 見えていなく" て、機械の目を通して初めて "見たくないところも含めて均等に見える" と言うか・・・


Mくんに批評されて気づいた。
実はちょっと気になっていたクチバシの部分。

口を開けている若鳥は、「クチバシがもっと顔に食い込んでいる」というのだ。
わかってはいたけれど、技術的に面倒になるので省いていたと言うか、これでおおよそ良しと見えていたと言うか・・・
そんな訳で、痛いとことを疲れて「ぐうっ」の音もでなくなったのだった。


悔しさいっぱいで、刺し直し。
今日の批評待ち状態は、こちら。


eingerichtet


曇りの日は、日中の温度もあまりあがらないドイツの冬。

薄日が射すだけでも、気分も気温もぐっと上昇するのになぁ。お日様の光は偉大だけれど、まだまだ遥か彼方、遠〜い存在。


こんな日は、たまにベランダにやってくる小鳥たちがいるだけでも気持ちが癒される・・・
いろんな色の羊毛をひっくり返して、チクチク・・・ 身近な訪問者を再現・・・



arbeitstisch


そして、出来上がったのがこちら。
Meise 四十雀 でも、頭が黒い Kohlmeise若鳥Kohl は「石炭」の Kohleから来ている、「黒い」という意味。



meise00



まだ小振りな割に足が長く見えるのは、これから体が成長するから。クチバシも成長するに連れて真っ黒になっていく。
クチバシと脚は、まだ肌色が見え隠れする ほんのり藍色。この中途半端な自然な色が、初心な若々しさを感じさせる。




meise000


ベランダのあちこちに、ちょんちょんと飛んでは "ジジッ" と鳴いている。ちょっと得意げ?



meise01



部屋の中にまで入って来て歌っている様子は、まるで急に春が来たみたい。

本物の春までもう少し、そう遠くはないはず・・・





その昔、動物園で、Springmaus トビネズミ を見たとき、


「まるで架空の動物みたいな本物がいた」と思ったっけ。



springmaus
耳も大きいの♡



鶏のタマゴくらいの小さな体に、カンガルーのような弾力のある2本の後ろ足。
おまけに、冗談のように長い尻尾の先には、ふりふりのボンボンまでついている・・・


手のひらに軽く乗る大きさなのに、ジャンプ力は秀でていて、なんと3mも軽々だとか。
日中は地中で休み、夜行性だという。砂漠に暮らしていて夜活動するのに、一体なんのためにこの跳躍は必要なのだろうか?


でも、夜中大勢で飛び回っている様子を想像すると、

なんだか、とっても楽しそう〜


このページのトップヘ