warabi's tagebuch

カテゴリ:自然環境_Natur > 家を建てる_ hausbauen


前回の続き。

午後の作業から。


4)準備の終わった3本の柱をそれぞれの位置に立て、床に敷いた横材を das Joch くびき (これも専門用語よね!)で上に持ち上げ、なんとなく(ここ大事!)ホゾを組み合わせる。

柱を立てる段階では上下に多少の余裕があるが、くびきのネジを閉めていくことで横材が上に上がっていき、最終的にしっかりと縦材と組合わさると言う手段。この段階では、まだしっかりと組まず、ホゾを合わせる程度。

ちなみに、このくびきは、横材の下をレンガで補強した後、取り外される一時的なものである。


wand06


5)立てた縦材に、横材を入れていく。
 
このとき、ホゾ同士を組み合わせの位置に持って行くために、一度縦材をずらし横材を入れやすい様にスペースをつくる。
右側にはドア入る予定なので、横材は上部にあるのね。


wand07


複数のホゾを合わせながら、位置を決めていく。
重い柱なので、摩擦力は相当なもの。どうするのかと思えば、テコの原理と、このような木材の切れ端を使って、このように余裕の作業。ちなみに、横にずらしたりするために多少大きめにホゾを入れておくのも大事なポイント。

写真のホゾは計算間違いで(!)、ちと大きめに空けてしまったらしいのだけれど。。。
それを聞かなかったら、感心して終わっていたのになー。



wand08



6)ホゾの固定と装飾のために、このような差しを作る。


バンバンと叩き付けながら仕上げていくものすごい手際の良さに見とれるも、叩き付ける音のほうにちょっと怖さを感じてしまったwarabi。

「ノミって、ああやって使ったりするのね・・・」
ノミは木の表面に当てて上から木槌で叩くというような、型通りの使い方しか知らなくて、ちょっと乱暴に感じてしまったの よ。


wand09


そんなこんなで、あっというまに出来上がっていくデコスティック。


7)ホゾが組まれている全ての部分に穴を空け、デコスティックを木槌で叩きながら差し込んでいく。




wand10



組み上がった柱たちがこちら ↓


重労働だから大変と思っていたのに、実質4時間ちょっとという超特急なお手並み。
さすがマイスター!お見それいたしました!!


wand11
「柱3本なんて朝飯前」ってな感じ!


ここから先は、後日Mくんが時間を見つけて壁にしていきます。

それはまた別のレポートで〜〜〜


warabiたちの田舎の家は、
Fachwerkhausといわれる "組み木の家
"


いわゆる、伝統的日本家屋のドイツ版(ドイツの伝統的... と言えば簡単なのだが)



以前も書いたけれど、この日本伝統の木造建築とドイツ版組み木の家は、一見違うようで、実は似ている点が多いのに驚く。

どちらも釘を使わない大工技術はもちろんのこと、組み木の仕方や道具までそっくり。骨組みだけではなく、壁を埋める天然断熱材も、レンガや石材を覗けば、漆喰や麻の繊維などを同様に使用することも忘れてはならない。

昨年末は、バスルームの大きな壁を打ち抜いて、骨組みから新規で入れ替えたが、そのときは立ち会えなかったので、組み木の記録はない。

今回はMくんも加わっての作業(特価バージョン)
漆喰作業は今後だけれど、組み木方法の忘却防止のため書き留めておきたい。


1)まず、柱を立てるために、天井&床材を確保する(今回は天井材をそのまま使うので、写真は床材分)
 大型丸ノコで4面を18cm×18cmに切り出し、表面に電気鉋をかけ、ならしておく。

 

ちなみに。
この18cm×18cmは、昔の大工さんらが経験を元に出した数値。
この太さだと、材が朽ちても自重や積雪などで折れることはまずないという安全値らしい。

そんな小話にちょっと感動 ♪


wand01
巨大丸ノコで18cmの深さを切り分ける!



お友達の Zimmermann (大工の意)が持参した、3種類の丸ノコの数と大きさにビックリ↓


wand02
パワフル丸ノコ


2)天井&床材に柱の位置を決め、ホゾ穴を入れていく。



みなさんも、組み木するための凸凹の穴をご存知だろう。それを大工用語で、ホゾ穴・ホゾ組みというらしい。



wand03
優秀な日本製 RYOBIの角ノミ器




写真の器械は、"角ノミ"という。
文字通り、四角いノミのこと。


昔は職人さんが、1本ノミを用いてこのホゾ穴を彫っていたんだろうが、それが4角のノミ刃になり、プレス器になり、今ではこのようなチェーンソー型ホゾ穴掘り器(ここまでくるともはやノミではない)まであるのだ。

そういえば、100万円で家が建つという本を書いた人が、材料と角ノミさえあれば3間×2間の家が、女性でも1ヶ月で立てることが出来るとあった。角ノミは、大工作業にとって、命のように大事な器械なのだ。



wand04



床材に角ノミで穴をあけた後の図。


3)柱を3本用意する。
 柱は上下をホゾの凸型に切り出し、梁の部分には凹型に穴を空けておく。




wand05



ここまで3時間弱。
重い木材をテキパキと加工するなんて、やはりプロの技よね〜!


・・・と、
ここでランチタ〜イム



gohann
力仕事には やっぱりカレー


メニューは「七面鳥のカレー プルーンコンポートのカスタードソース」。
ごはんはウコン入り。黄色くきれいに染まったでしょ♥


一息入れて、
さあ午後を突っ走るぞ〜!!



badezimmern
立派な柱!


お友達の Zimmermann 大工さんに、組み木の家の柱を入れ替えてもらったお風呂場の図。
その壁側は、Eiche オーク材の太い柱だけなので、隣の地下室が丸見えになっている。

パッと見は、まるでローマの遺跡。
ローマ人の浴場跡地 みたい・・・と、warabiはいつも思うのだけど、いかがかしら!?


地下室は次のプロジェクト。

もちろん、そこには床がきて地下室となる訳だけれど・・・
それは随分先の話、になるね。この分だと・・・



今回大工さんにお願いしたのは、組み木の柱だけ。
その後は、自分たちで処理する計画だ。


まず、Untermauern ケコミから下の床部分を埋めていく。


unternmauern
まずは 地道な作業から


湿気を隔てるマットで材料を覆い、
その下をレンガとMoertel モルタル (4シャベル分の砂に少しだけセメントを入れたもの)で埋めていく。

レンガを砕いて小さい形にしたりと、これが結構大変な作業。



moertel
砂に少量のセメントと水を混ぜた モルタル



下の空間を埋めるまでは、下のケコミの部分にJoch ベイと呼ばれる杭が、仮に通っている。
その隙間を全部埋めてから、杭を外し、最終的にはレンガで柱梁の重量を受けるようにするのだ。



joch



「レンガの積み重ねの間には、時々このように釘を打つのがポイントなんだ」とMくん。
こうして、釘を柱に打ち付け モルタルで固定することで、レンガ壁と柱との強度を増すことが出来るんだとか。



tipp
ちょっとしたコツ


なるほどね〜。



zumauern03
地下室側から望む



毎日数時間、少しずつ壁となっていく。
地下室側はレンガのままが表面となるので、慎重に!

このレンガたちは、家の外観を損ねないように 100年前くらいの骨董品を使用。



ここにお風呂ができるのは、
いつのことになるのかしら〜


まだまだしばらくは、

”工事中”が続くお風呂場なのであった。。。











義母が、介護車で一時退院してきた ・・・


pflegewagen



次の手術まで、骨無し(!)で暮らさなければいけない義母のために、彼女の部屋を大改装!

要介護状態でも、いろいろとひとりで出来る方がいいに決まっているものね。


zimmer



居間だった部屋を空にし、そこで一通りの生活が出来るようにとプランする。
まず、
写真中央のRollator 歩行器で部屋を動き回れるように、隙間、段差のないよう床を敷き詰めた。

そして、ベッドの脇に棚台を固定し、そこのベッドをつける。
ベッドの上には上半身を起こすために使うグリフを設置。グリフは鉄製の枠を滑らせて位置を変更できる。



toilette



ベッドの横には水洗トイレ
トイレまで仮設してしまうのか、と感心しきりのwarabi。
Mくん、なかなかやるではないの!


ホームセンターで購入したタンク、トイレ本体、蓋を固定し、タンクに貯めるための水ホースと、排水管を壁の穴に通しバスルームにある接続部分まで引っ張って完了。

漆喰の土壁だから、穴をあけるのだって簡単なのだ。使用後はまた同じ素材で埋めてしまえばいい。

昨夜は夕ご飯も食べずに、ふたりで完成まで持って行った。
これに、義母の希望の場所に、立ち上がるときに必要な手すりを付け足す予定。


いや、これがなかなか大変だった。
ホント・・・


sudoku



ご近所さんの心遣い。

黄色いチューリップと、スドク&鉛筆消しゴム付き。
小さな幸運のてんとう虫が「Gute Besserung お大事に」を運んでいる。


blumen



窓辺には、もちろん を演出。

昨日ちゃんと窓ガラスをきれいにしたので、外もすっきり見渡せるのさっ
2重窓の間には、小さな木の動物を飾ってみた。


そして。


meise



先日の四十雀も!

小枝の小道具で、自立&移動可能に仕上げをした。



このデコレーションを手に持って移動中、
猫のNicoがこれを見つけ、思わず狩りの体勢になっていた。

それって、本物だと思ったから???




友人である家具職人と一緒に、二重窓の内側が届いた。

まぁ、「届いた」というか、MくんがHannoverまで「取りにいった」んだけどね。


warabiの住む Schnatereiは、年月をかけて基礎から自分たちで立て直している150年くらいの古いFachwerkhaus (日本家屋みたいなもの)
現在の建築材(安い素材)を使わないで、高価だけれど自然の素材を手に入れ、昔ながらの方法で建てている。

そんな訳で、10年経ってもまだまだ改装すべきところはたくさんあるのよねぇ。
「"完成"はいつごろ?」なんて、気の遠くなるような話。

とにかく、大きな工事は久しぶりということで、家族中がちょっと興奮気味。


窓を番号をふった各部屋に搬入して、みんなで

「おお〜」


innenesfenster
じゃじゃ〜ん!


これ、今年の2月にwarbaiたちも少し手伝ったんだよねぇ。
と、しみじみ。

内側は桟が少なくて、クリアなのねー。



外側と同じ生木仕様は、窓枠に色を付けないという今ではほとんど見かけなくなった昔の方法。

雨が降っても平気。というのも、木の繊維をそのまま生かし、ヤスリをかけないで仕上げるからなのだ。ヤスリをかけると表面は綺麗で、手触りがいいが、繊維は壊されてしまい、そこから水が入る。


・・・と以前教わった。




fenstereinbauen
作業中の様子



秋に準備しておいた2重窓の間に当てる材料を枠型にし、出来た隙間に麻の繊維を写真のように詰め込んでいく。



hanf
麻繊維を隙間に押し込んでいる様子



充分詰め込んだら、出来上がった2重窓を当て、Kail 木で作ったくさび形とねじで固定。その後、さらに窓の厚さ分の麻繊維をつめていく。

これで、窓固定の作業はひとまず終わり。



doppelfenster
内窓をはめると 見る見るうちに結露が解けていく



左側ははめたばかり。
右側の窓は先にはめられたため、外がよく見えるのが分かるだろう。


今回の課題は13組の窓をはめること!



1日終了時点で、8組終了!

優秀、優秀 ~



窓際に立っても、外気を感じないほど遮断された部屋。
内窓を開けると、ひんやりと冷気を感じる。

朝起きると、いつも結露のために窓から鳥が見えづらい。
明日の朝はクリアに見えるだろう。

楽しみである ♪





このページのトップヘ